編集部厳選!マンション知識最前線!? 不定期
住まいサーフィン編集部

マンションと一戸建て、子育てに向いているのはどっち?メリット・デメリットを解説!

2022年08月10日

更新日最終更新日:

マンションと一戸建てのどちらが子育てに向いているか悩まれる方も多いのではないでしょうか。
マンション・一戸建てどちらにもメリット・デメリットがあり、どちらが向いているかは人により異なります。

今回の記事では、それぞれのメリット・デメリットや子育て世帯の購入体験談についてご紹介します。

この記事を書いた人

住まいサーフィン編集部

1998年開設、マンションの適正価格や資産価値を判断するための価格情報サイト「住まいサーフィン」の運営スタッフが自宅売買に役立つ情報を更新中。
売り手と買い手の情報格差が大きい住宅業界。
自宅購入で後悔する人を減らすため、業界の専門知識・データを分かりやすくお届けします!

Twitter:@sumai_surfin
Instagram:@sumai_surfin

マンションと一戸建て、子育て環境の違い

まずはじめに、マンションと一戸建ての子育てにまつわるメリット・デメリットを一覧にまとめました。

  マンション 一戸建て
広さ 3LDK・70㎡前後
ワンフロアで目が届きやすいメリットも
100㎡前後
子供に1人部屋を用意できる
立地 都心寄り・駅近の物件が多い 郊外・駅から遠い物件が多い
静かな暮らしが送れる
騒音 階下に音が響きやすい 隣家との距離が離れており音を気にせずに済む
セキュリティ オートロック、有人管理とセキュリティ面が強固 窓が多く、セキュリティ面でやや脆弱
駐車場 利用料がかかる
抽選に外れる場合も
車を家の前に停められる
価格 価格高騰が続く 価格上昇はゆるやか
資産
価値
好立地の物件は需要が高く、住み替えしやすい 郊外の場合、売り手が見つからないことがある

ここからは、マンションと一戸建てのメリット・デメリットをより詳細にご説明していきます。

一戸建てで子育てをするメリット

1人1部屋を確保できる

一般的なファミリー向けマンションの面積が70㎡前後なのに対し、建売戸建ては100㎡前後。
一戸建てはマンションと比較し、平均面積が大きく、部屋数を多く取ることができます。

そのため、子供部屋を1部屋ずつ用意することも可能です。
お子さんが2人以上いるご家庭には特におすすめできます。

階下へ気を遣わなくてよい

一戸建ては隣の家との距離が離れているという点も子育てに向いています。

マンションのように上下左右のお部屋に響く音を気にせずに済みます
お部屋の中で子供が走り回るのをやめさせる必要もなく、ストレスを感じずに済みます。

庭遊びができる

一戸建ての場合、庭を設置できます。
砂遊びやビニールプールを使った水遊びなどが自宅の敷地内で出来ます。

車が所有できる

小さいお子さんがいるご家庭では車を所有したい方も多いのではないでしょうか。

一戸建ての場合、駐車場が無料かつ絶対に確保できるというメリットがあります。
また、玄関のすぐそばに車が停められるので乗り降りも楽です。

中古マンションでは敷地内駐車場にすでに空きがないケースも多いです。
新築マンションであっても駐車場は抽選で当たった世帯のみが借りられるというのが一般的です。

車を日常的に使用する方であれば、一戸建てのメリットは大きいといえます。

静かな場所に住める

一戸建ては住宅街に建てられることが多いため、商業地や大通りから離れているのが一般的です。
外からの騒音を気にせずに窓を開けて暮らしたい方、車通りの少ないエリアに暮らしたい方には一戸建てはおすすめです。

一戸建てで子育てをするデメリット

階段からの転落に注意が必要

一戸建ての場合、多くの家が2階建てもしくは3階建てとなります。
そのため、お子さんが小さいうちは階段から誤って転落してしまう危険があります。

階段などの危ない場所にはベビーゲートを取り付けるといった対策が必要です。

通勤・通学に時間がかかることも

一戸建ては駅から離れた住宅地に建てられるため、通勤通学が不便になる可能性があります。
車で通勤している方も、お子様が進学した後の通学経路についてシミュレーションをしておくと安心です。

最寄り駅までは送り迎えするのか、帰りが遅くなってもバスは利用できるか?といった点をある程度考慮しておきましょう。

マンションで子育てをするメリット

ワンフロアで目が届きやすい

マンションはワンフロアで死角が少なく、お子さまの行動に目を配りやすいメリットがあります。
また、お子さんの一人部屋をあえて作らないことで、家族のコミュニケーションが深まるという声もあります。

同じ建物内で友達を作りやすい

同じ世代が集まる新築マンションでは、敷地内で家族ぐるみの付き合いがしやすいです。
特に小学校中学年くらいまでは、子供たちだけで遊びに行かせるのには不安がありますよね。
マンション内のお友達であれば敷地内で安心して遊ばせることができます。

セキュリティ面で安心できる

マンションはオートロックや防犯カメラが設置されているなど、セキュリティ対策が手厚いです。
また、日中は管理人さんが常駐しているマンションも多いので、お子さんが一人で帰宅する際にも安心できます。

住み替えしやすい

マンションは一戸建てと比較し、立地が良い場所に建てられることが多く、中古売買がしやすい傾向があります。
お子さんが小さく手がかかるうちは、通勤時間を短縮できるマンションに住むのもおすすめです。
成長し、進学のタイミングで一戸建てに住み替えるというのも賢い選択と言えるでしょう。

マンションで子育てをするデメリット

騒音トラブルに注意

マンションの子育てで多いお悩みが、近隣住民との騒音トラブルです。
上下左右のお部屋と壁が接しているため、完全に音を防ぐのは難しいです。

お子さんの足音や夜泣きなどに気を配るストレスが負担となる場合もあります。
似たような世帯の多いファミリー向けマンションを選ぶ方がよいでしょう。

部屋が足りなくなることも

最初はマンションで十分だと思っていても、お子さんが成長するに従って手狭となる可能性があります。
特に、男女のきょうだいの場合など、一人1部屋を用意してあげたいと思われるかもしれません。
いざというときに引っ越しできるよう、売却を考慮しマンション選びを行うと安心です。

子育て世帯のマイホーム購入体験談

マンションを購入した子育て世帯の体験談

東京都江戸川区 男性 5,000万円台の新築マンションを購入

住んでいた賃貸住宅の更新が近づき、子供の保育園選びのタイミングとも重なったため、近くで新築マンションを探すことにしました。価格が手ごろで間取りが希望に近い物件がいくつかあったため、実際に現地を見学しましたが、住むイメージを持ちやすかった今のマンションに決めました。

住宅ローンは20代での購入だったので、30年固定金利を選択、働いている間に返し終えるつもりです。金利の変動は読めないため、固定金利にしましたが、良い選択だったのかは全くわかりません。

今は子供も小さいため、リビングと隣の部屋が繋がっている2LDKで問題なく暮らせていますが、子供が成長したらリビングと部屋続きになっている部分のリフォームが必要と感じています。最初から3LDKを選んでいた方が良かったかもしれません。

住みやすさを優先して選んだエリアであり、保育園もすぐ近くという立地に満足しています。賃貸の時のように更新時期や引越しを考えなくてすみ、人生設計が立てやすくなったのも良かった点だと思います。

マンションを購入してみると、賃貸のときと違って部屋の中を自由に変えることができるので、住みやすさを感じています。他の住戸を見ていると、意外と売り買いが行われているようなので、戸建てよりも手放すのは簡単かもしれないと思います。

東京都国分寺市 女性 6,000万円台の新築マンションを購入

賃貸住宅に住んでいましたが、第二子が生まれ手狭になったことで分譲マンションの購入を考え始めました。長男が転校することなく住み替えができる物件を探していましたが、ちょうどよいタイミングで近くに新築マンションが建ったため内見したところ、希望をすべて叶えていたため購入することにしました。

住宅ローンは金利を抑えたかったため、変動金利を選択。電気や携帯と紐づけることでさらに金利を引き下げてもらえる銀行を選び、大変満足しています。

大手不動産会社の新築物件ですが、やはり足音や物音が響くようで、生活音への注意喚起のチラシが度々投函されます。小さい子供がいるので、あと数年経ち、静かに歩けるようになってから購入できたら、階下の住民に迷惑をかけてないか不安に思わなくてもよかったかもしれません。

駅近で、何をするにも便利な場所で満足しています。また、南側に高い建物が建てられない土地であるため、カーテンを開けて過ごしても人の視線を感じず、この景色が何年も約束されていると思うと、いい物件を購入できたなぁと実感しています。

東京都世田谷区 女性 6,000万円台の新築マンションを購入

私と夫はお互いに実家の相続者であり、どちらも家があるため、子供の学校に合わせて気ままな賃貸暮らし、引越し族だったのですが、3人目の子供が産まれた時に、マンションの購入を考えました。幼稚園もしくは小学校から附属を希望していたため、駅近の物件で、それぞれの子供部屋の確保を考えて探しました。

夫婦ともに正社員フルタイム勤務のため、住宅ローン控除を申請するためペアローンを組みました。お互いの貯蓄もありましたので、頭金もある程度入れました。早くローンから解放されたいので、月々の支払いを少し多めにして、繰越返済も考えています。

マンションの規定で、1家族1台の駐車場しか与えてもらえず、その1台さえも抽選になり、やっと確保しました。我が家は夫が通勤で車を使うので、2台持ちをしているのですが、近くに空き駐車場がありません。借りられた駐車場まで6~7分歩かなくてはいけない上に、屋根などがなくロープで線が引かれているだけのスペースなので、安全面でも心配です。

駅から5分の立地ですが、線路と垂直の位置にあり、住宅地の低層マンションなので、騒音もなくとても静かです。治安も良く、マンションは中庭があるつくりで、玄関を入るととても明るく、夜遅くても怖くないところが気に入っています。

一戸建てを購入した子育て世帯の体験談

東京都町田市 女性 3,000万円台の新築一戸建てを購入

子どもが産まれるまであと5ヶ月というときに、わずか3ヶ月で購入を決めました。産まれるまでに決めないと保育園の問題や乳児を連れての引っ越しとなるため、住宅購入は難しいと思ったからです。徒歩5分という近い場所に緑豊かな大きな公園があったことが最後の決め手になりました。

夫が20年も財形で貯めたまとまった資金があり、頭金は充分に用意する事ができました。私の実家からも頭金の2割程度の支援が受けられ、無理のない住宅購入になったかと思います。ただ、購入する前はローン返済はそこまで苦にならないと思っていましたが、想像したより家計の負担になっています。

学校は、駅から反対方向に子どもの足で10分程の所にある小学校でした。夫は通勤で駅まで歩くのですが、朝のバタバタした時間帯に子供の送り迎えに夫の協力は得られず、また途中についでの買い出しをするスーパーもなく、不便です。そして、学区内の小学校には支援学級が充実してなかったのが致命的でした。

何といっても、周辺環境です。大きい公園(端から端まで歩くと30分はかかります)まで徒歩5分というのが魅力です。しかも幸運な事に住宅購入した後に公園が拡張され、徒歩1分に短縮しました。さらに、10年後には駅が徒歩1分の所に新設される計画が決定し、よい物件購入になりました。

東京都江戸川区 男性 4,000万円台の新築一戸建てを購入

第一子の出産を控え、家賃を払い続けるのであれば、持ち家を購入した方がいいと妻と話していました。場所は、妻の実家近くを中心に探しました。最初はマンションの購入を考えていて、見学にも行きましたが、参考に一軒家も見学してみました。実際に見てみると、見学した家は雰囲気も良く、保育園、幼稚園、小学校、中学校まで徒歩5分圏内であることも気に入り、購入を決めました。

住宅ローンは不動産会社が初期費用等込みでいろいろな銀行のローンプランを提示してくれました。その中で一番総費用が安く組める銀行に決めました。がん特約のある変動金利タイプを選択。共働きですが、夫である私一人が支払いをする形です。

失敗したと感じていることは、もう少し調べる期間を長くとれば良かったということ。考える期間が短く、知識も浅い中で購入してしまいました。現在、自宅付近に分譲戸建てが多く建てられ、うちよりも金額が安くなっています。もっとたくさんの物件を見て、決めればよかったと思っています。

保育園、幼稚園、小学校、中学校が徒歩5分圏内にあるのはとても満足しています。子どもを育てるという意味では、とても良い場所だと思いますし、同じ種類の分譲を買われた方々がとてもいい人達で、御近所トラブルはまったくありません。

埼玉県羽生市 男性 3,000万円台の新築一戸建てを購入

上の子が幼稚園に入園するタイミングで、部屋も狭くなってきたことから一戸建てを購入したいと思うようになりました。家賃と同じ金額でローンが組めたので、思い切ることができました。アパートでは友達も呼ぶことができずに困っていたので、よかったです。

住宅ローンは不動産会社の方に、少し多めの金額を借りられるようにお願いしました。当時は変動金利を選ぶのが主流になっており、金利も安かったので、変動金利を選びました。固定金利だと月々の支払いが高くて返済が難しかったのも理由です。

住んでいる隣人や自治会の方がいい人ばかりで、特にトラブルなく今まで過ごしています。子供の学校からも近く習い事の場所も近所にあるため、子育てには最適な環境なので、本当に良かったと思います。周囲は車の往来も少なく、安全です。

まとめ

本記事では、マンション・一戸建てどちらが子育てに向いているか?について解説しました。

マンション、一戸建てそれぞれにメリット・デメリットがあるため、ご自身・ご家族の状況を踏まえ、よく検討した上で購入へと進みましょう。
マンション・一戸建てのどちらを購入するべきか迷っている方には、下記の記事もおすすめです!

不動産市況や過去の売買データに基づいた検証から、マンションと一戸建てを徹底比較。
マンションと一戸建て、それぞれの住まいに向いている人/向いていない人について詳しく解説します。

【2021年最新】「マンション」「一戸建て」徹底比較!購入すべきはどっち!?資産価値を意識した自宅選びとは

また、保育園に関する記事を下記にまとめております。
こちらも是非ご参照ください!

はじめての保育園-パパ、ママが気になるポイントを解説!

2021/11/16

保育園をお探しのパパママの皆様に向けて、運営スタッフの実体験をもとに「保活」で苦労した点、事前に知っておきたかった点、事前にやっておけば良かった点などを詳しくご紹介します。