沖有人のコラム 不定期
沖 有人

[第658号]コロナ特需の後に来る東京への流入超過の波間近

2022年09月14日

コロナ禍で働き方改革が進み、東京を去る人が増えた。
しかし、残った人は余暇の道を断たれたために、持ち家特需が発生した。
こうして、需給はひっ迫し、価格は高騰した。

コロナ前の日常生活を取り戻しつつある今日、
コロナ特需は落ち着きを見せ始め、戸建では前年割れが続くようになった。
マンションも特需のひと段落が起こりつつある。

しかし、今度は都市圏への人の流入超過が再開し始めており、
来年の年度かわりには流入超過も本格化しているのは既に確定している。
都市、特に東京に家を買っておくことは当分の間、間違いのない投資となる。
だから、「東京にマンションを買ってもいいのですか?」は愚問なのですよ。