第15回 マンション購入に対する意識調査の公表

プレス発表資料 2011年11月01日
アトラクターズ・ラボ株式会社(現:スタイルアクト株式会社)

目次

  1. 要旨
  2. 調査概要
  3. 調査結果
    1. 今は、マンション買い時か
    2. 1年後の価格への意識
    3. 現在の物件の購入価格への意識
    4. 条件別購入検討への影響

要旨

  • 購入マインドに復調傾向が出始めている
  • 「火災リスクの少ない立地」、「免震構造」はマンション検討にプラスに影響する度合いが高い

調査概要

不動産マーケティングのアトラクターズ・ラボ株式会社(現:スタイルアクト株式会社・東京都中央区・代表取締役:沖有人)は、マンション購入検討者の定例意識調査を行ったので公表する。供給者側の分譲価格・初月契約率・在庫数については公表されているものがあるため、弊社は購入者側の価格に対する意識などを中心に購入検討者心理を四半期単位で時系列比較しており、今回が15回目となる。

自社インターネットサイト「住まいサーフィン」モニターに登録された会員に対し、 直近3ヶ月間に新築マンションの販売センターに行った経験がある方のみを対象として、マンション購入に対するアンケートを実施した。

実施時期
2011/10/07~2011/10/13
調査対象者
住まいサーフィンの会員
有効回答数
137

調査結果

今回の調査では、今は買い時だと思うかという設問については、「買い時+やや買い時」との回答は前回の7月調査時より+12ポイントとなり、買い時感に復調傾向が確認できる。「買い時+やや買い時」と回答したのは52%と過半数を占めた。1年後の物件価格が「上がる」との回答は、震災直後の4月時点の水準まで戻り、マンション価格が1年後下落することがないと想定し、また現在の物件価格が適正だと判断した消費者の、買い時感が上がったと考えられる。

また、震災に関連し、購入検討にプラスに影響を与える条件について今回の調査で確認したが、プラスの影響を与える条件のトップは「火災リスクの少ない立地」と「免震構造」、これに「非常用電源、自家発電設備がある」、「近隣に広域避難所がある」が続き、震災時にどの程度のリスク回避が可能かを提示することは、消費者のマンション購入検討の際にはプラスに働くことが確認できた。

今は、マンション買い時か

図1.「今は買い時だと思うか」
「買い時」との割合が52%と、前回より+12ポイントとなり、震災後低迷していた「買い時」感が回復しているといえる。
買い時DI(=「買い時合計」と「買い時でない合計」の差分)

1年後の価格への意識

図2.「一年後の物件価格に対する意識」
1年後の価格については「横ばい」が最も多く4割、「下がる」と「上がる」が3割ずつとなり、4月とほぼ同水準に

現在の物件の購入価格への意識

図3.「現在の物件の購入価格(分譲価格・金利・税制含む)についてどのように感じているか」
現在の物件価格に対して、「どちらでもない」が最多。物件価格は適正と判断されている。

条件別購入検討への影響

図4.「各条件が購入検討に与える影響度」
震災に関連する条件の中で購入検討にプラスの影響度が最も高いのは「火災リスクが少ない立地」、「免震構造で揺れが抑えられる」、これに続くのが「非常用電源、自家発電設備がある」、「近隣に広域避難所がある」となった。

本件に関するお問合せ

担当:住まいサーフィン広報担当

E-mail:pr@styleact.co.jp

※無断転載は固くお断り致します

アンケート調査ランキング

相場・価格ランキング

人気ランキング特集