第4回 マンション購入に対する意識調査の公表

プレス発表資料 2009年01月21日
アトラクターズ・ラボ株式会社(現:スタイルアクト株式会社)

目次

  1. 要旨
  2. 調査概要
  3. 調査結果
    1. 1年後の住宅価格の変化
    2. 現在の物件の購入価格への意識
    3. 再度検討する価格下落率
    4. 購入したい物件数・あきらめた物件数

要旨

  • 1年後は更に価格が「下がる」が8割弱、消費者は価格先安観を強める
  • 価格を理由に購入を断念した経験者は8割超と高止まり、物件の再検討には大幅な価格改定が必要
  • 物件の割高感は緩和されつつあるものの、購入に至らないのは物件の魅力度にも難がありそう

調査概要

不動産マーケティングのアトラクターズ・ラボ株式会社(現:スタイルアクト株式会社・東京都中央区・代表取締役:沖有人)は、マンション購入検討者の意識調査を行ったので公表する。供給者側の分譲価格・初月契約率・在庫数については公表されているものがあるので、弊社は購入者側の価格に対する意識・価格弾力性・商品選択の優先順位を中心に、四半期ごとに定期的に調査を行い、消費者心理を時系列比較している。今回が4回目となる。

自社インターネットサイト「住まいサーフィン」モニターに登録された会員に対し、 直近3ヶ月間に新築マンションの販売センターに行った経験がある方のみを対象としてマンション購入に対するアンケートを実施した。

実施時期
2009/01/07~2009/01/13
調査対象者
住まいサーフィンの会員
有効回答数
173

調査結果

今回の調査では、マンション価格が1年後には更に下がるとの予測が8割弱を占め、2008年4月以降で最も高い水準に達した。一方で現在の価格に対して「高い」と感じている割合は4割超で最も低い。これはマンション価格の値引き増加に伴い、物件価格が消費者水準に近づいたためと考えられる。しかしながら「購入したいと思った物件数」は減少しており、魅力的な物件は多くはない。更に全体の8割超は価格が高くてあきらめた経験を持ち、その物件が25%程度価格を下げた場合に再検討するとの回答が増えている。

消費者の購入マインドは、価格先安観が強まったことや景気減速の影響を受け、価格感応度の低い状況に陥っており、市況回復には時間を要すると想定される。

1年後の住宅価格の変化

図1.「一年後の住宅価格はどのように変化すると思いますか?」
1年後の価格が「下がる」との予測が第3回(2008年10月)調査時より+9.7ポイントと更に増加した。全体の8割弱が「下がる」と予測しており、消費者は住宅価格に対して先安感を強めている。
下落幅も以前よりも大きくなっており、需給構造における価格感応度が弱まっている。

現在の物件の購入価格への意識

図2.「現在の物件の購入価格(分譲価格・金利・税制含む)についてどのように感じていますか?
現在の物件の購入価格が「高い」と感じているのは全体の4割超と、マンション価格の下落に伴い第3回(2008年10月)調査時より18.3ポイント下げた。価格が消費者の実感に近づいてはいるものの、依然「高い」との回答が「安い」を大きく上回っている。

再度検討する価格下落率

図3.「あきらめた物件を再度購入検討する際の価格下落率は?」
あきらめた物件が「25%」下がれば再検討する割合が第3回(2008年10月)調査時より3.4ポイント増加し、価格先安感を反映して、物件購入マインドの低下がより顕著になっている。

購入したい物件数・あきらめた物件数

図4.「購入したいと思った物件数は?」
購入したい物件数が「0件」との回答が全体の4分の1を占め、複数件(2件以上)を購入したいと思ったことがある割合は第2回調査(2008年7月)以降緩やかに減少している。物件購入に際して価格だけでなく、物件の持つ魅力も不足していることを示唆していると考えている。
図5.「価格が高くてあきらめた物件数は?」
価格が高くてあきらめた経験を持つのは全体の8割超と、依然高止まりしている。
物件を賢く吟味する消費者に、販売サイドが物件の魅力付けと価格のバランスをどの程度訴求できるかが今後の課題となるだろう。

本件に関するお問合せ

担当:住まいサーフィン広報担当

E-mail:pr@styleact.co.jp

※無断転載は固くお断り致します

アンケート調査ランキング

相場・価格ランキング

人気ランキング特集