住まいサーフィン調べ 入居者1700人の声ランキング2016

実施時期 :
2016/7/11〜7/22(Web調査)
調査対象者:
住まいサーフィン会員
ネットリサーチ会社のパネル
一部管理会社の顧客
有効回答数:
1766(サンプル数20件以上の売主のみがランキング対象)

【要旨】

 1位は同点で住友不動産と野村不動産。昨年1位の三井不動産レジデンシャルは3位に。

【調査概要】

不動産ビッグデータでビジネス展開するスタイルアクト株式会社(東京都中央区・代表取締役:沖有人)は、自社が運営する「住まいサーフィン( https://www.sumai-surfin.com/ )」にて、売主別マンションの住み心地満足度ランキングを公表しました。本調査は2009年から実施しており、今回で8年目となります。
調査項目は昨年同様に(1)住み心地に対する満足度(2)知り合いに薦めたいか(3)購入マンションの総合満足度の3つに分け、(1)はどの項目を重視するかをもとに加重配点し住み心地満足度を算出。総合満足度は(1)〜(3)の平均値の順番で算出しています。
*住まいサーフィンはマンション購入・売却に本気な方のためのセカンドオピニオンサイトです。

住み心地満足度全体ランキング

1位は同点(79.9点)で住友不動産と野村不動産、3位は三井不動産レジデンシャル(79.2点)、4位は三菱地所レジデンス(76.1点)、5位は東急不動産(76.0点)の順でした。住友不動産は「住戸環境」「住戸設計」の得点が高かったことが、野村不動産は「住戸環境」と「推奨度」の得点が高かったことが、総合満足度でトップとなった要因です。三井不動産はレジデンシャル1位の2社との差は0.7ポイントと僅差でした。同社は住み心地満足度と推奨度の得点が高かったです。三菱地所レジデンスと東急不動産は「立地」の評価は高かったのですが推奨度で上位の3社と得点差があったため、総合満足度で差がつきました。

<図1:2016年住み心地満足度調査結果> 2016年住み心地満足度調査結果

居住者が重視するポイント

今回調査した住み心地6項目(住戸設計、住戸環境、設備水準、耐震性、共用部、立地)のうち、重視する順に3つ選択してもらい、そのスコアを加重得点化すると、居住者が最も重視しているのは「住戸環境」、2番目に重視しているのは「立地」、3番目は「住戸設計」となりました。

<図2:重視するポイント> 重視するポイント

参考資料)
売主別 住み心地満足度調査 アンケートの質問内容

■調査項目
<住み心地満足度>
Q1A. 『専有部の住戸設計』間取りや空間は気持ちよく過ごせる設計ですか。収納スペースの使い勝手も含めてお答えください。
Q1B.『専有部の住戸環境』住戸内において採光・通風・遮音性・断熱性・結露の程度はいかがですか。
Q1C.『専有部の設備水準』機能面は使いやすいですか。設置設備の必要性に過不足がないかも含めてお答えください。
Q1D.『建物の耐震性・構造』これまでに起こった問題や経験から、今後も安心できるかどうかを含めお答え下さい。
Q1E.『建物の共用部』セキュリティ水準・エレベータ台数・駐車場台数・敷地内共用設備・配棟などプランニングはいかがですか。
Q1F.『建物の立地』通勤・通学・買い物・学校・病院・公園など、住んでいる街や駅など立地条件はいかがですか。
Q2.あなたにとっての優先度をお答えください。<住戸設計/住戸環境/設備水準/耐震性/共用部/立地>
※スコア算出方法:Q1A〜Fはそれぞれ加重平均によりスコア化し、各スコアをQ2の優先度の結果をもとに加重配点

<推奨度>
Q3.売主を知り合い薦めたいと思いますか。
※スコア算出方法:Q3を加重平均によりスコア化

<マンション満足度>
Q4.総合的に考えて、購入したマンションの満足度はどの程度ですか。
※スコア算出方法:Q4を加重平均によりスコア化

PAGETOP

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録