実録! マンション購入のしくじり体験談
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 洗面台の扉を閉める音も響いて、ストレスに!
  2. 評判を確認してから購入するのがベター
  3. 防音や住人の年齢層を確かめろ!

都心の新築マンションは騒音とは無縁と思っていたら大間違い!

今回は「都心の新築マンションは騒音とは無縁と思っていたら大間違い!」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に 購入を経験した先輩たちの「驚愕のマンション購入失敗談」、「トホホなマンション体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
40代後半 女性 新築マンションを購入
騒音で失敗...

洗面台の扉を閉める音も響いて、ストレスに!

都心に新築マンションを購入しましたが、騒音が悩みの種です。マンションは内廊下タイプですが、部屋にいても廊下の物音などが聞こえます。機密性は高いので、テレビなどの機械的な音は全く聞こえませんが、犬の鳴き声や赤ちゃんの泣き声が聞こえます。壁をたたくなど、振動を与えるような音は特に気になります。また、洗面台の扉は磁石で閉まるタイプで、磁石の吸い付きが強く大きな音がしますので、お隣の扉を閉める音が大きな振動となって響きます。
騒音問題が多いという事を購入後にネットなどで知りましたが、購入前は新築マンションで騒音はありえないと思っていました。同じようなタイプのマンションの情報収集をしなかったのは失敗だったと思います。

評判を確認してから購入するのがベター

今後改めてマンションを購入するとしたら、新築の完成前のマンションを購入するのは怖い気がします。
売却時に有利になるなど、住む地域にメリットを求める場合は新築でもいいかもしれませんが、新築に固執せず、中古でも入居者の評判が良いマンションを検討したいと思います。

防音や住人の年齢層を確かめろ!

中古物件の場合であれば、土日など住人が自宅にいるような時に内覧をして、防音性や住人たちの年齢層などを確認した方が良いと思います。
私自身は、売却時に良い条件で売れる場所だと思ってエリア優先で購入しましたので、この点は成功でしたが、騒音はするわけがないという思い込みが良くありませんでした。毎日の生活の中での騒音がストレスにならないと言えば嘘になります。そのあたりの事はよく考えておく必要がありますね。