実録! マンション購入のしくじり体験談
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 見た目に気を取られ、構造の欠点に気づかなかった!
  2. 安心なのはやっぱり新築マンション!

壁は変色、カビが浮き上がり・・・通気性の悪いリフォーム物件の恐怖!

今回は「壁は変色、カビが浮き上がり・・・通気性の悪いリフォーム物件の恐怖!」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に 購入を経験した先輩たちの「驚愕のマンション購入失敗談」、「トホホなマンション体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
30代前半 男性 中古マンションを購入
建物の構造で失敗...

見た目に気を取られ、構造の欠点に気づかなかった!

中古のリフォーム済み物件を購入しました。見た目の真新しさに惹かれて購入したのですが、住んでみると空気の流れが悪く、壁にカビが生えてきて、白かった壁が2ヵ月でみるみる黄色く変色、カビが浮き出てきました。もちろん施工業者には交渉しましたが、最後は建物に利用されている素材などの性質上仕方がないと言われてしまい、1年で手放すこととなりました。安いだけではなく、きちんと建物の構造なども把握するべきと思いました。

安心なのはやっぱり新築マンション!

購入する側も勉強することが大切だと学びました。私の経験上、できることなら新築マンションをおススメします。見た目だけで判断するのではなく、耐震構造や施工、マンションが組み立てられる中身まで目を光らせ、購入を検討するべきだと思います。最近は施工時の改ざんなどもニュースになっているので、きちんと説明してもらえる業者を選択し、慎重に事を進めるべきだと思います。