実録! マンション購入のしくじり体験談
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. もっと早く情報収集しておけばと後悔!
  2. 資産価値を見極めて購入を!

新築物件、最後に残った部屋はワケあり!?

今回は「新築物件、最後に残った部屋はワケあり!?」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に 購入を経験した先輩たちの「驚愕のマンション購入失敗談」、「トホホなマンション体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
30代前半 女性 新築マンションを購入
部屋の選択で失敗...

もっと早く情報収集しておけばと後悔!

一番の不満は日当たりが悪いところ。新築マンションの先着順で最後に残った区画だったので、入居前から覚悟していたことではありますが、低層階のためあまり日が当たりません。とにかく新築マンションの取得は情報戦なので、日頃から情報収集しておけばよかったと後悔しています。もっと早くから動いていれば、広くて日当たりの良い区画に入れたのに、と思います。

資産価値を見極めて購入を!

賃貸を借り続けるのも毎月の家賃がバカにならないので、住宅を購入するのはありだと思います。ただし、これからの社会情勢は不透明ですから、いざとなったら売れる物件を選びたいですね。新築の場合、安い物件ほどずっと売れ残っていて、将来的にも売りにくいのではないかと思います。多少高くても、本当に価値のある物件を見定めることが重要です。