実録! マンション購入のしくじり体験談
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 上階からの騒音から逃れるために最上階にしたものの…
  2. 近隣住民の生活様式もチェック!

最上階は寒暖差が激しく、光熱費がかさむ!

今回は「最上階は寒暖差が激しく、光熱費がかさむ!」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に 購入を経験した先輩たちの「驚愕のマンション購入失敗談」、「トホホなマンション体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
50代 男性 新築マンションを購入
部屋の選択で失敗...

上階からの騒音から逃れるために最上階にしたものの…

住居を探している当時、関西では阪神淡路大震災直後だったため、住宅不足が深刻で、特にファミリー向け賃貸住宅家賃が高騰。そんなときに新築分譲マンションが建築されることとなり、高騰していた家賃よりも安価だったので購入を決めました。それまで住んでいた住宅では、上階からの騒音が激しく、日夜悩まされ続けていたため、思い切って最上階角部屋を購入しました。しかしながらコンクリート造の最上階は寒暖差が激しく、夏場は40度を超え、冬場は一桁まで室内温度が下がるため光熱費の負担が増え、失敗したなと感じています。

近隣住民の生活様式もチェック!

生活騒音を防ぐには最上階角部屋でなくとも、壁床の厚さがしっかりした物件を探すことで防げることがわかったので、この次はもう最上階は買いません。マンションの生活騒音はある程度諦めなければ仕方のない部分もありますが、近隣住戸の生活習慣によるところも大きいです。建物の構造だけでなく、近隣にどのような生活をする人が住んでいる、住もうとしているかをじっくり調べて住まいを探してほしいです。