内見は一度だけ、不具合発見するも後の祭り… | マンション適正価格なら住まいサーフィン

実録! マンション購入のしくじり体験談
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 前の居住者に遠慮をして、しっかり確認できず
  2. 不具合がないか、納得するまで確認せよ!

内見は一度だけ、不具合発見するも後の祭り…

今回は「内見は一度だけ、不具合発見するも後の祭り…」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に 購入を経験した先輩たちの「驚愕のマンション購入失敗談」、「トホホなマンション体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
20代後半 女性 中古マンションを購入
その他で失敗...

前の居住者に遠慮をして、しっかり確認できず

失敗だったのは、内見をしっかりしなかったこと。内見は一度だけ、しかも中古のため、前の居住者がまだ生活している時だったので、細かいところが見られないまま購入してしまいました。いざ住んでみたら、あちこち壊れているところがあってとてもショックでした。

不具合がないか、納得するまで確認せよ!

内見はとても大切なので、隅々まで確認することが大切です。壊れているところはないか、きちんと居住者に聞いておき、問題があれば、直してもらいましょう。気になる物件があれば、何度でもしっかりと内見させてもらう方が良いと思います。後になって後悔しても、契約をなかったことにはできませんから。前の居住者との駆け引きもありますから、あれこれ聞きにくいところもありますが、気の済むまで話を聞いておくことをお勧めします。