実録! マンション購入のしくじり体験談
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. トイレ全取り換えで17万円なり、とほほ
  2. 築20年以上の築古マンションはとくに注意を!

リフォーム済み物件、でもトイレは古いままだった!

今回は「リフォーム済み物件、でもトイレは古いままだった!」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に 購入を経験した先輩たちの「驚愕のマンション購入失敗談」、「トホホなマンション体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
30代前半 男性 中古マンションを購入
経年劣化で失敗...

トイレ全取り換えで17万円なり、とほほ

パートナーと生活するため、リフォーム済みの中古マンションを購入したのはいいのですが、リフォームにトイレは含まれておらず、トイレが水漏れ故障していることに購入後気が付きました。業者に相談したら、購入者は気づかないケースが多いけれど、20年以上経過した中古マンションでは、ほとんどはパッキンやタンクに不備があるとのこと。トイレは全部取り替えると17万かかるということでした。

築20年以上の築古マンションはとくに注意を!

中古マンションなら修繕費やトイレなどの水周りは注意したほうがいいと思います。 特に、築20年以上のマンションは修繕積立金や大規模修繕計画、給湯器などの交換に必要な設備費なども考えて検討した方がいいでしょう。 私の購入したマンションは再来年の大規模修繕工事の際、修繕積立金の不足により、1世帯40万~50万円の負担金が発生するとの事で、勉強不足だったと後悔しています。