実録! マンション購入のしくじり体験談
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 窓を開け閉めする音までクレームが!
  2. 近隣住民の情報は必ずチェックすべし!

モンスター級のクレイマーにウンザリ!

今回は「モンスター級のクレイマーにウンザリ!」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に 購入を経験した先輩たちの「驚愕のマンション購入失敗談」、「トホホなマンション体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
30代前半 男性 中古マンションを購入
住民トラブルで失敗...

窓を開け閉めする音までクレームが!

駅近でリフォーム済み、価格も妥当だったので購入を決めました。失敗したと思ったのは、近所の住人の評判を聞いていなかったこと。購入したマンションは壁や床のコンクリートが薄く、隣や上の階の住人の物音が響きます。これは他の住人にとっても同じことなので仕方がないと思っていますが、問題は近隣の住人に悪意のあるクレーマーがいることです。仕事で帰りが遅くなり、12時ごろに帰宅すると、足音がウルサイ、迷惑だと管理人経由でクレームを入れられます。また夜中に窓を開けただけで、窓を開ける音がウルサイとクレームを入れられる始末。管理人からも、前居住者はその住人に辟易して引越しを決意したとのことを聞き、後悔するばかりです。

近隣住民の情報は必ずチェックすべし!

金額や駅との距離だけが全てではありません。近隣に迷惑な住人がいる場合もあります。私は近隣住民との人間関係の点で失敗しました。休日には管理人からまるで犯罪者であるかのような目を向けられます。こんなマンション、さっさと売り払いたいと思うばかりです。通常マンションを購入する場合、長期間住むことになります。大きな買い物ですので物件の状態だけでなく、近隣住民、床や壁の厚さなどもよく調べた上で購入されることをお勧めします。