実録! マンション購入のしくじり体験談
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 建築年数で変わる住み心地
  2. 子供がほしい人は養育費のことも考えて!

昭和の築古マンションはちょっとツライ…

今回は「昭和の築古マンションはちょっとツライ…」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に 購入を経験した先輩たちの「驚愕のマンション購入失敗談」、「トホホなマンション体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
20代後半 女性 中古マンションを購入
経年劣化で失敗...

建築年数で変わる住み心地

たまたま気に入った中古マンションをみつけ、せっかくのチャンスを見逃したくないと思い、購入しました。中古マンションを購入したので、一番失敗したと思ったのは建築年数です。今住んでるマンションは昭和の築古なので、せめて平成以降の中古マンションにすれば古さはそれほど気にならなかったかもしれません。もう一つは部屋の広さです。今のマンションは2DKなので、子供のことを考えるとせめて3DKにしておけばよかったと思ってます。

子供がほしい人は養育費のことも考えて!

もしこれから自分がマンションを買うとしたら、①値段(給料にあわせて自分たちが負担できる物件) ②場所(周囲の教育施設や児童施設など)を重視して選びます。特にこれから子供がほしいと考えている方は、子供の養育費や基本的な生活費などをよく計算してから、自分たちに合う価格帯の部屋を探すことが大事ではないかと思います。