実録! マンション購入のしくじり体験談
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 他の物件を見ずに1か月で即決したのが失敗?!
  2. 相場が高いエリアなら値切りも検討せよ!

大差ない価格で新築が買えたことを知ってショック!!

今回は「大差ない価格で新築が買えたことを知ってショック!!」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に 購入を経験した先輩たちの「驚愕のマンション購入失敗談」、「トホホなマンション体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
30代前半 男性 中古マンションを購入
その他で失敗...

他の物件を見ずに1か月で即決したのが失敗?!

長く賃貸で生活していましたが、子供のことを考えると一つの場所に落ち着きたいと思いました。築6年の中古マンションを購入したのですが、販売価格は2480万円と割安感があり、80平米超で広々していました。ただ、検討したのは1か月ほどで、ほとんど比較もすることなく決めてしまいました。周辺の物件と比べても妥当な金額だと思って、深く考えることはなかったのですが、これが失敗。後で知ったことですが、周辺での新築販売価格は同じ広さで2880万円ほどでした。私は同じような物件を中古で仲介手数料込み、2670万で購入したことになります。この価格差だったらお買い得だったと思いませんし、別の物件も検討したと思います。

相場が高いエリアなら値切りも検討せよ!

慎重に情報を集めて検討すべきだと思います。マンションの相場価格が上がってる地域なのかそうでないのかも考慮が必要ですね。価値が上がってるところなら、中古で買う場合、先住者の残債も思うより少ない可能性があるため、値切りを検討すべきだと思います。また、相場に引きずられて、ノーブランドの安普請のマンションも高値で売られてる場合がありますし、中古マンションでは可能な限り新築時の販売価格等も調べておきたいところです。それから、必要なものとそうでないものをしっかり見極めることも大切。例えば庭付きの物件に憧れて購入しても、実際には掃除が大変で規約の美観を保つために苦慮するだけということもあると思います。