実録! マンション購入のしくじり体験談
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 夜も内覧しておけばと後悔…
  2. 何と言っても気になるのは生活音!

築20年の中古物件、上階の音が響く!

今回は「築20年の中古物件、上階の音が響く!」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に 購入を経験した先輩たちの「驚愕のマンション購入失敗談」、「トホホなマンション体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
30代前半 男性 中古マンションを購入
騒音で失敗...

夜も内覧しておけばと後悔…

築年数は20年でしたが、希望の間取りで、ローンの返済額も賃貸で払っていた金額とほとんど変わらなかったため購入を決めました。賃貸と比べ、建物自体は古くてもしっかりとした感じがあり、隣の音も聞こえません。しかし上階の足音、生活音が思った以上に響くという点が盲点でした。昼間の内覧時は人がいなかったためか気がつきませんでした。昼だけではなく夜も少し長い時間部屋の様子を調べておくべきだったと思います。

何と言っても気になるのは生活音!

通常の間取りや立地条件だけではなく、防音についてもしっかりと確認するべきだと思います。不動産会社に確認を取るのを怠らず、自分でも現地でしっかりと確認することをおススメします。賃貸物件とは違い、想像と違うことがあっても引っ越しできないのが分譲マンションです。購入するにあたって自分が気にしていたのは間取りと日当たりでしたが、実際住んでみて思うのは生活音が一番気になるということ。立地条件や交通の便、間取りだけではなく、両隣や階下階上の家族構成なども十分に情報収集したほうがいいと思います。