実録! マンション購入のしくじり体験談
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 失敗は、眺望の悪さと不便なゴミ置き場
  2. グーグルアースで視野を確認!

窓を開けると目の前には、巨大な広告看板が!

今回は「窓を開けると目の前には、巨大な広告看板が!」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に 購入を経験した先輩たちの「驚愕のマンション購入失敗談」、「トホホなマンション体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
30代前半 女性 新築マンションを購入
部屋の選択で失敗...

失敗は、眺望の悪さと不便なゴミ置き場

生涯ひとつは不動産を持ちたいと思っていました。近く退職する予定だったので、銀行ローンが組みやすい会社員の間に購入しようと思いました。失敗だと思っているのは、眺望とゴミ置き場の設置場所です。まず、眺望については、12階なので視界の開けた見晴らしのよい眺めを期待していましたが、近くに同じような高さのビルが多く、開放感が感じられなかったこと。さらに、一番大きなリビングの窓の真ん前に不動産屋の巨大な商業広告があり、いつも目について外を眺める楽しみがありません。おそらく10年以上前からありそうな古い看板なので、この先もずっとそこに設置されたままだと思うと、気が重いです。
またゴミ置き場は、建物の中にないため、一旦外に出なければならないのがとても不便です。わかっていて購入したのですが、荷物が多い時など鍵や手動ドアの操作が面倒で思っていたより不便でした。

グーグルアースで視野を確認!

マンション選びはやはり立地と間取りを優先すると思いますが、とくに新築物件の場合は眺望が期待どおりかどうかも念入りに確認することが大切です。モデルルームで見せてもらうシュミレーション画像だけでなく、現地調査を念入りにすることですね。本気で眺望を期待する場合は、タワーマンションのほうが確実だと思います。グーグルアースのカメラ操作で見晴らしをシュミレーションできるので、やってみるのもおすすめです。私が失敗した不動産屋の看板もグーグルアースの画像でしっかり映っていたのですが、画像だと実際より存在感が薄く、気づきませんでした。シュミレーション時は視界に入るものをよく確認することが大切です。