実録! マンション購入のしくじり体験談
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 深夜にも関わらずうるさい隣と上階
  2. 事前に管理人から住人情報を聞きだすべし!

騒音で問題のある隣人がいると知らずに購入!

今回は「騒音で問題のある隣人がいると知らずに購入!」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に 購入を経験した先輩たちの「驚愕のマンション購入失敗談」、「トホホなマンション体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
30代前半 女性 中古マンションを購入
騒音で失敗...

深夜にも関わらずうるさい隣と上階

夫の転勤により、関西から関東へ引っ越す事になりました。新たに転勤する可能性がとても低く、賃貸価格の高いエリアへ住みたかったため、中古マンションを購入する事にしました。問題は、隣と上の住人による生活音。かなりひどいレベルでストレスを感じるため、失敗したと思っています。マンション購入前に行った内覧の際にはとても静かだったので、壁や床がしっかりとしているのだと思いました。ただ、隣りと上の住民に挨拶をした際に「子供がいるのでうるさくするかもしれません」と一言ありましたので、お子様による騒音があるとは想像していました。住み始めて1か月程は特に悩まされる事はありませんでしたが、2か月目くらいから、深夜にも関わらずたびたび騒音がありました。あまりにもウルサイので管理人に相談、管理会社にお願いを依頼しましたが、「以前から騒音のクレームが多い部屋です」との言葉が返ってきました。管理人の勤務時間内に内覧を設定し、状況を聞くべきでした。そして住民が居る時間に、生活音の確認を行うべきだったと後悔しています。

事前に管理人から住人情報を聞きだすべし!

ファミリー向けのマンションであれば、子供の生活音は切り離せない問題だと思います。壁・床の厚さをしっかり確認し、どれぐらいの音が漏れるのかを確認したいところです。生活音等を気にされる方であれば、購入する部屋に面する住人のリサーチはある程度された方が良いと思います。また、管理人と事前に話をする事により、マンション内の秩序等が確認できるはずです。中古マンションであれば、管理人が一番マンション内について詳しいので(過去のマンション内クレーム等の情報を、管理会社と共有しているため)情報収集するのをおススメします。