住まいサーフィン会員満足度調査結果 2016ユーザーの8割が「値下がりしない」マンションを購入!
「購入時、売却時に住まいサーフィンは役に立つ」が97%

住まいサーフィン会員の約8割が「値下がりしない」マンションを購入

グラフ 83%が値下がりしないマンション」を選択

マンション購入時に住まいサーフィンを閲覧していた人に「あなたのマンションの現在の価格」を聞いたところ、新築時+20%になったとの回答が17%、+10%になった人が21%、+5%になった人が17%と含み益を出している人が55%もいます。これに新築時と同じ額との回答(29%)を含めると83%に達します。

この結果から会員の8割強が「値下がりしないマンション」を選択していることがわかります。

97%の会員が住まいサーフィンが役に立つと回答

グラフ 83%が値下がりしないマンション」を選択

住まいサーフィンを閲覧していた人に「住まいサーフィン」がマンション購入時や売却時にどのくらい役に立ったかを聞いたところ、役に立つが46%、まあ役に立つが51%となり、97%が役に立つと回答しています。

入会時期による差はなく、入会年が2005年以前の人から、直近の2016年の人まで万遍なく、サイトの情報を活用いただいています。

見ている情報のトップは価格表が60%
沖式時価は新築中古合わせて83%

グラフ 83%が値下がりしないマンション」を選択

住まいサーフィンのコンテンツで最も見られているのは新築時価格表が60%でトップ。首都圏の新築マンション価格表の7割を網羅した人気コンテンツです。これに続くのがユーザー評価の53%。同じマンションを他人がどう評価しているかは気になるポイントのようです。

マンションの適正価格を確認するための沖式新築時価、沖式中古時価は両方合わせて83%が参考にしています。マンションの価格表と新築・中古の価格評価と第三者評価、この3つがそろうのは住まいサーフィンだけなので、会員の方がご覧になっているのもうなずけます。

こういった価格や評価の情報は、ユーザーの皆様からご提供いただいています。
ご提供いただくと、住まいサーフィンより謝礼ポイントをお送りしています。

不動産は供給側とユーザー側で、情報格差が大きいと言われています。
住まいサーフィンではユーザーの力を借りて格差を埋めるお手伝いをし続けたいと考えています。

PAGETOP

新築・中古の価格相場を知るには

無料会員登録