分譲マンション人気ランキングトップ10

このエントリーをはてなブックマークに追加
分譲マンション人気ランキングトップ10

2018年8月 人気マンションランキングTOP10

2018年8月に住まいサーフィンでアクセス数の多かった分譲マンションを公表する。

順位
マンション名
所在行政区
総戸数
分譲開始
年月
周辺
相場
資料
請求
モデルルーム予約
1位
東京都渋谷区
310
2017年6月
2位
東京都品川区
687
2017年3月
3位
東京都中央区
503
2018年6月
4位
神奈川県横浜市西区
210
2016年4月
5位
東京都品川区
628
2017年10月
6位
東京都中央区
1076
2017年6月
7位
東京都豊島区
132
2018年3月
8位
東京都江東区
1539
2017年4月
9位
東京都目黒区
112
2015年8月
10位
東京都港区
227
2018年4月

トップはシティタワー恵比寿

昨年5月からトップ10入りを続けてきた「シティタワー恵比寿」が初のランキング1位に輝いた。「シティタワー恵比寿」は住友不動産が手掛ける総戸数310戸の大規模タワーマンション。間取りは40.72~154.45m2の1LDK~2LDKがあり、価格は、6,990~28,890万円(40.72~107.77m2)となっている。

住まいサーフィンのユーザー評価の平均は、79.8点と高得点をマークしている。最も良い点として、山手線恵比寿駅から徒歩7分という立地を挙げる声が目立った。周辺には有名店やオシャレな飲食店も多く、洗練されたエリアという印象があるようだ。また、価格が高い点はマイナスとしながらも、資産性の高さを指摘する意見も多かった。
また、パーティルームやゲストルーム、コンシェルジュサービスなどを備えた共有施設は、平均4.2点(5点満点)となっており、特に評価が高かった。

「ブランズ横浜」と「シティハウス中目黒テラス」が初ランクイン!

今月は、竣工済みの2つの物件「ブランズ横浜」と「シティハウス中目黒テラス」が初ランクインとなった。

「ブランズ横浜」はJR「横浜」西口から徒歩6分、市営地下鉄ブルーライン「横浜」から徒歩4分という好立地にある17階建て、全210戸のマンション。東急不動産、東神開発が売主で、施工は西松建設。今年1月に完成した。
ガラスウォールを使用したクールな外観で、一部には横浜らしさを感じさせるレンガ素材なども使われている。4~17階が住宅フロアで、1~3階は商業フロア。2階~4階にかけて作られた重なり合う3つのガーデンは、草木が茂る緑の丘のようで、特徴ある癒し空間となっている。また、ガーデンのある4階には、ガーデンビュー・ライブラリーが設置されている。間取りは1LDK~3LDK(40.96~178.52m2)で、価格は4,890~32,480万円(41.23~178.52m2)。

一方、「シティハウス中目黒テラス」は、東急東横線「中目黒」から徒歩14分、山手線「目黒」から13分、山手通りに面した15階建て全112戸。平成28年12月に完成済みのマンションで、38.9~65.91m2の1LDK~3LDKタイプがある。

「シティハウス中目黒テラス」では、売主である住友不動産の代名詞とも言える内廊下ではなく、S-マルチコアという構造の外廊下を採用している。通常玄関ドア周辺に置かれる室外機やメーター類をS-マルチコアという空間に格納することで、すっきりとした共有廊下を実現している。現在、建物内モデルルームがオープン中だ。

2018年8月のまとめ

8月のランキングは、三井不動産から「MID TOWER GRAND」「パークシティ武蔵小山ザタワー」「パークタワー晴海」の3物件、また住友不動産から「シティタワー恵比寿」「シティタワーズ東京ベイ」「シティハウス中目黒テラス」の3つが名を連ね、大手不動産2社が強さを見せた。
一方で、竣工済みの2物件「ブランズ横浜」と「シティハウス中目黒テラス」が注目を集める結果となった。実際の建物や部屋が内覧可能になるというのが竣工済み物件の最大の利点であり、購入希望者たちに新たな判断材料を与えたようだ。