分譲マンション人気ランキングトップ10

このエントリーをはてなブックマークに追加
分譲マンション人気ランキングトップ10

2018年12月 人気マンションランキングTOP10

2018年12月に住まいサーフィンでアクセス数の多かった分譲マンションを公表する。

順位
マンション名
所在行政区
総戸数
分譲開始
年月
周辺
相場
資料
請求
モデルルーム予約
1位
2位
東京都渋谷区
70
2018年10月
3位
東京都品川区
687
2017年03月
4位
東京都中央区
503
2018年06月
6位
東京都渋谷区
310
2017年06月
7位
東京都江東区
1539
2017年04月
8位
東京都中央区
1076
2017年06月
9位
東京都品川区
73
2018年11月
10位
東京都江東区
472
2018年08月

「HARUMI FLAG」がトップに!

2018年12月のランキングは、トップ10圏外から3物件がランクインするなど年末の慌ただしさそのままだった。注目は11月に初ランクインし、早くもトップに躍り出た「HARUMI FLAG(仮称)4街区5街区6街区」だ。
臨海部の晴海地区につくられる官民一体の複合開発の街「HARUMI FLAG」は、3街区から7街区まで5つの街区で構成され、分譲住宅・賃貸住宅の23棟および、商業施設1棟の計24棟からなる。敷地内には分譲マンションをはじめ、賃貸住宅や商業施設が一体開発される壮大なプロジェクトだ。海沿いには2つの公園もつくられる予定で、水と緑に囲まれた都心生活を満喫できるとあって、注目度は非常に高い。
「HARUMI FLAG(仮称)4街区5街区6街区」の総戸数は4145戸。最寄り駅は都営大江戸線「勝どき」で、徒歩17分~22分(棟によって異なる)となっている。駅から距離があることから、主な交通手段は環状2号線を走る「BRT」(バス高速輸送システム)となりそうだ。間取りは2LDK~4LDKタイプで、広さは61.06m2~152.1m2。今年5月下旬からいよいよ分譲開始となる。

落ち着いた都心の邸宅、「パークナード恵比寿」

恵比寿からまた一つ魅力的なマンションがお目見えした。全70戸の邸宅型レジデンス「パークナード恵比寿」だ。売主はパナソニックホームズで、販売は三井不動産レジデンシャルが請け負う。東京メトロ日比谷線「恵比寿」から徒歩5分、そして東急東横線「代官山」までも徒歩5分という文句なしのロケーション。加えて、華やかなエリアにありながら、マンションは大通りからはずれた緩やかな丘にあり、落ち着いた住環境が手に入る。周辺は高さ制限のある住居専用地域となっている。
コンセプトは、「Another Luxury(もうひとつのラグジュアリー)」で、飾り立てた豪華さではなく、シンプルでナチュラルな高級感を意識している。外観デザインは「杜のアトリエ」をイメージしており、緑をまとうような佇まいが特徴的だ。間取りは1LDK~3LDKタイプがあり、広さは42.82m2~117.93m2となっている。沖式儲かる確率も77%と高評価だ。

2018年12月のまとめ

ここにきて、湾岸物件が再び勢いを増している。12月のランキングでは、「HARUMI FLAG(仮称)4街区5街区6街区」を筆頭に、4位の「MID TOWER GRAND」、7位、8位、10位にそれぞれランクインした「シティタワーズ東京ベイ」「パークタワー晴海」「プラウドシティ東雲キャナルマークス」と、トップ10中半分の5つが湾岸物件という結果となった。しかもそのすべてが400戸以降の大規模物件である。この流れは2019年もしばらく続きそうだ。