分譲マンション人気ランキングトップ10

このエントリーをはてなブックマークに追加
分譲マンション人気ランキングトップ10

2019年11月 人気マンションランキングTOP10

2019年11月に住まいサーフィンでアクセス数の多かった分譲マンションを公表する。

順位
マンション名
所在行政区
総戸数
分譲開始
年月
周辺
相場
資料
請求
モデルルーム予約
1位
東京都港区
1247
2019年11月
2位
東京都港区
93
2019年10月
3位
東京都品川区
687
2017年3月
4位
東京都江東区
1152
2019年10月
5位
東京都中央区
32
2019年11月
6位
東京都文京区
571
2019年3月
7位
東京都港区
115
2019年10月
8位
東京都江東区
1539
2017年4月
9位
東京都目黒区
196
2020年2月
10位
東京都文京区
50
2020年1月

11月のランキングに4つの新星が登場!

「HARUMI FLAG」、「パークコート文京小石川タワー」、「SHIROKANE The SKY」など、毎月のように注目物件が登場した今年のトップ10ランキングも残すところ、今月と来月のふた月となった。

11月のランキングは5位以下に大きな変動があり、新たに4物件がランクインを果たした。5位の「ウィルローズ日本橋浜町公園」、7位の「グランドヒルズ南青山」、9位の「シティハウス下目黒」、10位の「プラウド文京千駄木ヒルトップ」である。

まず、注目は7位にランクインした「グランドヒルズ南青山」だ。住友不動産の最上位「グランドヒルズ」マンションシリーズの物件である。
東京メトロ銀座線「表参道」から徒歩12分に位置する、18階建て全115戸の大規模マンションで、間取りは1LDK~3LDK、専有面積は41.6m2~120.56m2となっている。

港区青山の高台に建ち、全戸南向き。垂直ラインを意識した重厚感ある外観が印象的だ。首都高速道路に近いことから、騒音や環境面での不安要素はあるものの、立地の素晴らしさから注目度は高い。沖式儲かる確率も91%とハイスコアをマークしている。

人気エリア目黒区の注目物件は「シティハウス下目黒」

もうひとつの注目物件は、同じく住友不動産が手掛ける「シティハウス下目黒」だ。東急目黒線「武蔵小山」から徒歩15分。標高約28mの高台に建つ、5階建て全196戸のマンションである。建設地は、8,400m2を超える敷地をもつ旧東京学園跡地で、住環境は目黒区でも屈指と言われているエリアだ。
都心のオアシス「都立林試の森公園」に近く、個性あふれるショップやお洒落なカフェ、レストランが連なる「目黒インテリアストリート」までは180mと徒歩圏内。「区立不動小学校」に隣接するなど教育施設も充実している。駅から徒歩15分と、駅近物件ではないことがマイナス材料になるが、沖式儲かる確率は87%。住宅評論家の櫻井幸雄氏の「狙い目マンション」にも認定されている。資産性の高さはプロから見ても間違いないようだ。

2019年11月のまとめ

今月初ランクインした4つのマンションのうち3つは、ヒルトップ=高台に位置している。先の台風では、首都圏でも標高の低い地区で水害被害が発生したエリアがあり、一部のタワーマンションでは停電、浸水などの被害が出て、大きく報道された。そうしたことから、高台という安心感が好まれたものと思われる。購入希望者たちがこの先どのようなキーワードに惹かれるのか、今後の動向に注目だ。