分譲マンション人気ランキングトップ10

このエントリーをはてなブックマークに追加
分譲マンション人気ランキングトップ10

2019年12月 人気マンションランキングTOP10

2019年12月に住まいサーフィンでアクセス数の多かった分譲マンションを公表する。

順位
マンション名
所在行政区
総戸数
分譲開始
年月
周辺
相場
資料
請求
モデルルーム予約
1位
東京都港区
1247
2019年11月
2位
東京都港区
93
2019年10月
3位
東京都港区
280
2020年5月
4位
東京都江東区
1152
2019年10月
5位
東京都品川区
687
2017年3月
6位
東京都文京区
571
2019年3月
7位
東京都港区
113
2019年10月
8位
東京都江東区
1539
2017年4月
9位
東京都目黒区
36
2020年3月
10位
東京都新宿区
101
2019年9月

注目は白金高輪の2つのマンション

大規模開発が行われている白金高輪地区から2物件が上位にランクインした。港区内では現在複数の再開発が進行中だが、白金高輪周辺は落ち着いた住環境ということから特に注目を集めている。

ひとつは、4か月連続の1位となった「SHIROKANE The SKY」。山手線内最大の総戸数1247戸のマンションで、白金高輪地区再開発の目玉となる物件である。
東京建物、長谷工不動産、住友不動産など大手ディベロッパー5社が集結したジョイントベンチャーとなっている。東京メトロ南北線、都営三田線の「白金高輪」までは徒歩3分。「三田」へ3分、「品川」へ6分、日比谷、東京まで10分という圧倒的なアクセス力を誇る。

敷地内には、45階建ての超高層タワーの東棟と19階建ての西棟、2つのマンション棟をはじめ、子育て支援施設、商業施設、医療施設、公園などがつくられる予定だ。価格は3,980万円~5億3,580万円(23.94m2~147.1m2)となっている。

ふたつ目は、3位に初ランクインした「プレミストタワー白金高輪」。東京メトロ南北線、都営三田線「白金高輪」へ徒歩1分という究極の駅近物件である。コンセプトワードは「PRECIOUS ONE」。これは、徒歩1分という立地が自身のプライベートタイムや家族と過ごす貴重な時間を生み出す、という意味である。
売主は大和ハウス。35階建て、全280戸の物件で、間取りは33.06m2~117.15m2の1LDK~3LDKとなっている。価格は未定だが、住まいサーフィンの資産性ランキングでは、白金高輪駅で1位、沖式儲かる確率も90%と高得点をマークしている。

目黒区の小規模物件が初ランクイン!

大規模物件が名を連ねるトップ10ランキングで、全36戸の小規模マンションが初ランクインを果たした。9位の「ザ・パークハウス目黒本町」である。東急目黒線「武蔵小山」から徒歩5分で、「渋谷」へ7分、「大手町」へ19分という快適な都心アクセスが魅力だ。
間取りは50m2台の2LDKと60m2台の3LDKが中心で、36.97m2~68.8m2の1LDK~3LDKと比較的コンパクトタイプが多くなっている。
「ザ・パークハウス目黒本町」では、インターホンとスマートフォンをインターネットで連動させた「IoT」設備を採用。外出先でも来訪者対応が可能となるほか、エアコンや照明、給湯器などの操作もできる。また、各住戸前に「戸別宅配ボックス」を設置するなど、機能性の高い最先端の設備を揃えている。

2019年12月のまとめ

2019年、首都圏では新築マンションの供給戸数が前年同月比でマイナスとなる月が続いた。限られた物件の中で購入希望者たちが注目するのは、やはり資産性だ。12月のランキングでも高い資産性の維持が期待できる港区の物件を中心に、都心の駅近物件に人気が集中する結果となった。