分譲マンション人気ランキングトップ10

このエントリーをはてなブックマークに追加
分譲マンション人気ランキングトップ10

2020年2月 人気マンションランキングTOP10

2020年2月に住まいサーフィンでアクセス数の多かった分譲マンションを公表する。

順位
マンション名
所在行政区
総戸数
分譲開始
年月
周辺
相場
資料
請求
モデルルーム予約
1位
東京都港区
1247
2019年11月
2位
東京都江東区
1152
2019年10月
3位
東京都中央区
2786
2020年6月
4位
東京都文京区
50
2020年1月
5位
東京都中野区
62
2019年9月
6位
東京都港区
93
2019年10月
8位
東京都新宿区
101
2019年9月
9位
東京都文京区
571
2019年3月
10位
東京都江東区
1539
2017年4月

「パークタワー勝どきミッド/サウス」が初登場で3位に!

2月のトップ10ランキングは、1位が「SHIROKANE The SKY」、2位が「ブランズタワー豊洲」と、依然として注目度の高い大規模開発物件がトップ2におさまり、「パークコート文京小石川ザタワー」などトップ10の常連となっているマンション以外にもランク外から4物件がランクインした。

中でも注目は、3位の「パークタワー勝どきミッド/サウス」だろう。「パークタワー勝どきミッド/サウス」の最寄り駅は、都営大江戸線「勝どき」で、総戸数は2786戸。駅直結の45階建て「ミッド」と、駅から徒歩2分で58階建ての「サウス」のツインタワーからなるビックコミュニティーである。勝どき駅から「ミッド」までは、風雨の影響を受けない地下アプローチで繋がる予定だ。

駅直結のタワーマンションということに加え、銀座まで約1.7㎞圏という抜群の立地が「パークタワー勝どきミッド/サウス」の大きな魅力だ。築地や銀座が徒歩圏内となる。

商住複合の再開発で、「ミッド」の地下1階~3階の低層階には、スーパーマーケット、クリニック、定員200名規模の保育園や屋内型のスポーツ施設などの商業施設が入居予定。運河沿いのおよそ2万2000m2という広大な敷地には、「セントラルラグーン」など水辺の環境を生かした非日常を感じさせる共有施設がつくられる。販売開始は2020年6月中旬の予定となっている。

5位には、「グランツオーベル中野」がランクイン!

一方、「パークタワー勝どきミッド/サウス」とは対照的に、小規模で落ち着いた雰囲気の物件が5位にランクインした「グランツオーベル中野」である。JR総武・中央線、東京メトロ東西線「中野」から徒歩5分という便利な立地だ。中野駅から徒歩5分以内のマンション供給は、約6年ぶりとなる。

総戸数62戸の5階建てで、主な間取りは、2LDK(53.83m2)~3LDK(79.87m2)。売主は大成有楽不動産、施工は鍜冶田工務店が請け負う。全体にシックなデザインで統一され、2層吹き抜けの「オーナーズラウンジ」は、ヨーロッパのVILLAをイメージしたつくりで重厚感がある。

住まいサーフィンの物件評価では、大成有楽不動産のオリジナル収納が便利で使いやすそうだという声が複数挙がっている。また、落ち着いたつくりからか、熟年夫婦にお薦めだとの回答も目立った。

2020年2月のまとめ

新型コロナウイルスの感染拡大で暗いニュースが目立った2月だが、新築マンション市場は久しぶりの湾岸の華、「パークタワー勝どきミッド/サウス」の登場に沸いた。ただ、駅から徒歩20分程度と距離はあるものの、超大型物件「HARUMI FLAG」の最寄り駅も「勝どき」。通勤時間帯の駅周辺の混雑が問題となっている「勝どき」は大規模な改装工事をすすめているが、果たして混雑解消となるのか。その評価が今後の人気を占うカギとなりそうだ。