待機児童の次は待機学童?東京23区学童施設調査

共働き・シングルマザー/ファザー世帯って小学校に入学したらしたで大変なの!?
地域によって意外に違う学童事情を独自に調べました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

世間では保育園に入れない!!と騒がれる中、何とか保活が終わり、ひと段落と思いきや、子供はあっという間に成長を遂げ、小学校入学のシーズンがやって来きます。

小学校1年生の下校時間は、地域によって違いはありますが、概ね13時~15時ごろになります。

「これまで利用していた保育園では、もう預かってもらえない。でも、仕事は続けたい。どうしたらいいですか?」といった声も聞こえてきます。そんな方々のために、学校に通い始めた児童を放課後に預ける場所として『学童保育』という制度があります。

東京23区の行政区ごとに『学童保育』への取り組み姿勢をまとめ、充実度をランキングにしてみました。
この学童保育は小学校に併設されるケースも増えてきているので、学区選び・住まい選びの一つの参考情報としてお使いください。

東京23区行政区別学童保育充実度ランキング

順位
行政区
5段階
評価
対象児童の学年
基本保育時間
延長利用
短期間の
学童利用
待機児童数
H28.5時点
周辺の
マンション
1位
5点
小学校6年生まで
基本 下校時~17時まで
延長 19時まで
-
0人
2位
5点
小学校3年生まで
基本 下校時~18時まで
延長 19時まで
-
0人
もっとランキングを見る
  • 待機児童数については、H28年度の厚生労働省の資料を元に作成しています。
  • 各行政区による発表を元に、利用料の多寡、定員の拡大、延長保育を含めた利用時間の拡大、高学年(4~6年生)の受け入れ、おやつの提供などを考慮し独自に採点しています。
  • 各行政区のホームページ等の資料に記載のないものは、ないものとして判断しています。
  • このランキングは、学童の利用を保障するものではありません。一つの参考情報としてお使いください。

行政区ごと学童保育の取り組み内容を確認する

東京 都心
東京 23区南
東京 23区西・北
東京 23区東

学童コラム