神奈川県の四大卒以上割合ランキング

TOP10

神奈川県では上位6学区が、大手町など都心への直通運転や、鉄道会社主導による大規模な住宅供給により一体開発が行われた田園都市線沿線が占める結果になりました。

四大卒以上割合ランキング

順位
市区町村
学校名
四大卒
以上割合
推計
世帯年収
沖式新築時価
(70m2換算)
周辺マンション
1位
麻生小学校
61%
949万円
5,082万円
2位
あざみ野第二小学校
58%
955万円
4,743万円
3位
美しが丘東小学校
57%
1,016万円
5,887万円
4位
美しが丘小学校
56%
963万円
5,971万円
5位
土橋小学校
56%
1,028万円
4,849万円
6位
東品濃小学校
55%
727万円
4,934万円
7位
富士見台小学校
55%
985万円
5,209万円
8位
品濃小学校
55%
731万円
4,002万円
9位
宮前平小学校
54%
1,044万円
4,659万円
10位
東小倉小学校
54%
887万円
4,235万円

住まいデータ

  • ファミリー世帯の推計世帯年収

    740万円

  • 四大卒以上の割合平均

    27%

  • 持ち家率

    63%

  • マンション・アパート率

    46%

  • 沖式新築時価平均(70m2換算)

    3,790万円

  • 家族向け住宅割合

    74%

2017年8月時点で取得したデータを基にしています。

家族向け住宅割合とはファミリー世帯が住居することの多い50m2以上の住宅の割合とした。

これらのデータの割合算出は、総務省統計局「平成22年国勢調査」「平成25年住宅土地統計調査」を元にスタイルアクトが独自に調査、算出、推計を行った。

この調査における「平均世帯年収」は、全世帯から単身者や夫婦のみと推定される世帯を除外して算出した。

学区域は国土交通省国土政策局「国土数値情報(小学校区データ)」平成22年時点のものをもとにスタイルアクト株式会社が独自に調査、加工した。

新築70崛蠑譴蓮2017年4〜6月期の相場価格。

政令指定都市を除く学区数10未満の市区町村では、上位半数の学区のみ掲載。

PAGETOP