マンション購入の情報が満載!住まいサーフィン

住まいサーフィンはマンション購入のための物件検索・マンション評価・マンション掲示板・会社評価・Q&A掲示板・相場価格などを揃えたマンション購入者向けのワンストップマンション購入情報サイトです。

  櫻井幸雄によるプラウド徹底解剖
TOP マンション検索 マンション情報 相場価格 立地条件 会社情報 住み心地 メルマガ リンク マイページ

 メルマガTOP > 建築家 碓井民朗の良識あるマンション指南

建築家 碓井民朗の良識あるマンション指南
[ 投稿順に表示 | 新着順に表示 ][ タイトル一覧 ]

[ 348 ] 不誠実な販売会社の対応
投稿者: staff_usui - 2011/10/11 14:43

先日,行なった「 現地同行 」チェックで,ある超大手デベの不誠実な対応に依頼者と私がとても嫌な思いを経験致しました。その内容を具体的に皆様にご報告致します。

まず「 現地同行 」依頼者の方の「 申し込みフォーム 」にチェックする物件名が書いてあり,希望日時が私のスケジュールに合いましたので,御依頼を御受けする旨の返信メールをいつもの様に書きました。下記に返信メールの内容を抜粋しましたので御覧下さい。

「 この度は「現地同行」の御依頼を戴き有難うございます。さて「現地同行」チェック,10月X日(日)午後1時に都営地下鉄○○駅で御会いしましょう。○○駅で御会いしましたら直ぐに現地と周辺をチェックしチェックリストに記入致します。それから,港区の販売センターに行き,まずモデルルームをチェックしましてから,設計図書一式( 意匠図,構造図,電気設備図,給排水衛生設備図,空調換気設備図等 )を精査致し,チェックリストに記入致します。当日は重いですが物件資料一式( メインパンフレット,販売図面集一式や価格表等 )お持ち下さい。○○様に御願いですが販売事務所・モデルルームに建築現場に置いてある設計図書一式( 意匠図,構造図,電気設備図,給排水衛生設備図,空調換気設備図等 )と同じ設計図書一式( 意匠図,構造図,電気設備図,給排水衛生設備図,空調換気設備図等 )を図面の抜け,省きが無く閲覧できる様に置いておく事を販売担当者に強く依頼しておいてください。上記図面が完全に置いてありませんとチェックリストに完全に記入できませんのでこの件は是非よろしく御願い致します。この件は購入者ではない私の方からは依頼できないので○○様より強く依頼して下さい。」

次の日に依頼者の方より下記のメール( 抜粋 )が送信されてきました。

「 了解いたしました。準備できないという事は,信頼に足る相手では無いということで,本物件の購入はきっぱりと断ります。また,準備の可否につきましては、遅くとも○曜日の午前中までには,メールにてご連絡致します。 」

後日,依頼者の方より下記のメール( 抜粋 )が送信されてきました。

「 準備しておくとの回答がございました。予定通り当日はよろしくお願いいたします。 」

10月X日に依頼者と物件建設地の○○駅で御会いして,直ぐに現地及び現地周辺のチェックをし,港区の販売センターに向かいました。

私の「 現地同行」チェックは販売センターを訪ねる前に,事前に近くの喫茶店で依頼者の方が持っている物件資料一式より判る所は,チェックリストに記入し,購入希望住戸の上下左右住戸の影響等を精査致します。それから,販売センターに向かいます。

販売事務所に着きまして,依頼者が受付嬢に名前を告げましたら,直ぐに販売担当者が出てきました。そして販売担当者は依頼者の方と私に「 御要望の設計図書一式を用意致しましたので,こちらへどうぞ…。 」と言って個室に案内されました。

私は「 申し訳ないですが,まずこの物件のモデルルームを拝見させて下さい。 」とモデルルームに行きチェック致しました。

モデルルームでチェック致しましたら,キッチン水栓の首振り角度が大きく,かなりシンクより,はみ出していました。この件はこれまでの「 内覧会同行 」チェックで再三,是正修正指摘事項とし,修正工事を行って戴いていまして,最近ほとんどのデベの物件では改良されています。

モデルルームのチェック後に先程の個室に行きました。入室致しまして,すぐに設計図書一式を見てびっくり致しました。総戸数110戸強の意匠図の製本された厚さが僅か約1センチ弱でした。この戸数です意匠図の厚さは通常5センチ程度はあります。

意匠図を開いて見ましたら,建築概要,仕上げ表,各階平面図,立面図,断面図,1住戸のみの展開図と各タイプ住戸平面詳細図しかありませんでした。

我々,建築家がチェックに必要な特記仕様書,矩計図( かなばかりず:断面詳細図 )や建具表等が省かれて,ページが抜けていました。

これを,見た「 現地同行 」チェック依頼者は,販売担当者に「 図面の抜け,省きが無く閲覧できる様に置いておく様に御願いいたしましたよね。直ぐに上司をここに呼んで下さい。」と言いました。

数分後,販売担当者の上司が来まして「 法的には設計図書を全て見せる義務はございません。当社は当社で決めた図面のみ閲覧可にしております。」と我々に慇懃無礼に言いました。

依頼者はそれを聞いて「 この販売担当者の方から,図面の抜け,省きが無く閲覧できる様に用意してくれたという連絡を受けたので,碓井さんに図面チェックをしてもらう為にここに来たのですよ。嘘だったのですか?もう御社とは信頼関係が無くなりましたので帰ります。」と席を立って個室を出ました。ちなみに私は納得できませんでしたので「 設計図書の中で見られて都合が悪い図面が有るのですか? 」とその上司に聞きましたら無言でした。

この様な事は3〜4年前には多々有りましたので,このコラム103号『 「矩計図」( かなばかりず )は重要 』と153号『 図面を公開しない「不信感」 』で2度も書いております。尚,このコラムで書いた以降はこの様な事は大手デベでは殆ど無くなりました。参考に下記URLをクリックして御覧下さい。

https://www.sumai-surfin.com/member/wmbbs/wmbbs.php?p=7&b=50&o=103&t=1

https://www.sumai-surfin.com/member/wmbbs/wmbbs.php?p=4&b=50&o=153&t=1

今回の件は顧客に対する裏切り行為です。この物件は超大手デベの物件です。
私はあえて物件の沿線名と販売センターの地区名を書きました。
不動産業界の方なら,この超大手デベ名が判ると思います。
この超大手デベは平気で顧客にこの様な嘘を言い,都合の良い図面だけ閲覧させ,販売する会社なのです。

私はこの超大手デベの隠蔽体質が以前より気になっていました。この隠蔽体質が解消されなければこのデベは進歩しないと思います。

このコラムに関するご意見・ご感想はこちらの[ 問い合わせフォーム ]をご利用下さい。




footer