2018年夏から秋 櫻井幸雄が探した狙い目マンション 2018年夏から秋 櫻井幸雄が探した狙い目マンション

2018年の夏から秋にかけて購入可能なマンションのなかから、狙い目と評価される物件を私の視点からピックアップした。

シティタワー八王子フレシア

住友不動産、日本貨物鉄道

JR中央線「八王子」駅近くには、サザンスカイタワーレジデンスという超高層マンションがある。住友不動産が分譲した地上41階建ての堂々たるタワーだ。

その建物に寄り添うように建設されるのが、同じ住友不動産と日本貨物鉄道が売主となる「シティタワー八王子フレシア」。制震構造を採用する最新分譲マンションで、その高さは地上26階建て。41階建ての隣の

26階建てなので、サザンスカイタワーレジデンスの“弟”のようなマンションに思えてしまう。が、シティタワー八王子フレシアには、じつは侮ることができない実力が備わっている。

まず、八王子駅とペデストリアンデッキで直結し、駅から徒歩2分(約120m)と近い。ペデストリアンデッキは屋根付きであるため、雨の日や雪の日も傘を差さずに電車に乗ることができる。ペデストリアンデッキを歩いて多くの商業施設やクリニック、銀行などに行きやすいのも利点だ。

また、駅に近いマンションほど将来資産価値が下がりにくい、むしろ上がる可能性が高いことを考えると、「駅徒歩2分」は大きな注目点となる。

実際、隣接するサザンスカイタワーレジデンスは、中古での価格は新築分譲時価格よりも上がっている。そのサザンスカイタワーレジデンスより駅に近い場所に建つ「シティタワー八王子フレシア」は、利便性、資産性の高さで大きな価値を持つマンションということになる。

「シティタワー八王子フレシア」は、西向き住戸で富士山がよく見えるなど、眺望が開ける住戸が多いのも特徴だ。

地上20階以上の超高層マンションは、再開発エリアなど特別な場所でないと建設できない。八王子駅周辺でも、再開発エリアに建つサザンスカイタワーレジデンスと「シティタワー八王子フレシア」以外は、高くても15階建て、17階建てまでの高さとなる。「シティタワー八王子フレシア」のある南口側は住宅地系の場所が多いため、10階建てまでの建物が中心。それだけに、地上26階建ての「シティタワー八王子フレシア」は眺望のよさが特徴となり、上層階住戸ほど人気が高いという現象が生まれている。

もちろん、眺望の良さでは地上41階建てのサザンスカイタワーレジデンスに分があるのだが、「シティタワー八王子フレシア」にも独自の利点がある。

たとえば、ホテルのような内廊下方式を採用している点や、すべての居室に窓が付く点。そして、柱を極力外に出すことで室内の有効面積を拡大していることなど。窓に遮熱効果の高いLow-Eガラスを採用し、夏の暑さを低減していることも、最新の「シティタワー八王子フレシア」だからこそ実現する特徴といえる。

各フロアに24時間ゴミだしOKのゴミ置き場があるし、24時間有人管理の安心も備わる。ディスポーザー、食器洗い乾燥機、浴室のミストサウナなど設備仕様のレベルも高い。

以上の特徴を備えるため、サザンスカイタワーレジデンスの居住者も興味を持っているマンション、それが「シティタワー八王子フレシア」だ。

平日は上りの始発電車が26本も出るなど駅のポテンシャルが高く、新たな商業施設「(仮称)オーパ」が今秋オープン予定など、さらなる進化が期待できる八王子駅周辺で要注目のマンションが「シティタワー八王子フレシア」だ。

その分譲価格は、第3期販売住戸で3LD・Kが4798万円からの予定。6000万円前後の3LDKが多く、これはサザンスカイタワーレジデンスの中古価格と大差ない価格設定で、納得感が大きいと評価される。

このエントリーをはてなブックマークに追加

住まいサーフィンレポートとは?

実際に販売センターを見て回り、マンションの「今」情報を提供
年間200件以上のマンション、建売住宅を見て回る住宅ジャーナリスト櫻井幸雄。実際に歩き、目で見て、耳で聞き集めた情報には、数字の解析だけでは分からない「生々しさ」があふれている。
この新鮮情報を「住まいサーフィン・レポート」としてまとめて主要マスコミに配布。あわせて、住まいサーフィン上でも公開する。住まいサーフィン上ではレポートとともに、旬の狙い目物件も紹介。マンション購入のアドバイスとする。

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト櫻井幸雄の経歴

1954年生まれ。1984年から週刊住宅情報の記者となり、99年に「誠実な家を買え」を大村書店から出版。
以後、「マンション管理基本の基本」(宝島社新書)、「妻と夫のマンション学」(週刊住宅新聞社)、「儲かるリフォーム」(小学館)などを出版。
最新刊は「知らなきゃ損する!21世紀マンションの新常識」(講談社刊)。
テレビ朝日「スーパーモーニング」の人気コーナー「不公平公務員宿舎シリーズ」で住宅鑑定人としてレギュラー出演するほか、「毎日新聞」で、住宅コラムを連載中。「週刊ダイヤモンド」「週刊文春」でも定期的に住宅記事を執筆している。
◇オフィシャルサイト: http://www.sakurai-yukio.com