2018年秋から冬 櫻井幸雄が探した狙い目マンション 2018年秋から冬 櫻井幸雄が探した狙い目マンション

2018年の秋から冬にかけて購入可能なマンションのなかから、狙い目と評価される物件を私の視点からピックアップした。

グランドメゾン中野富士見町

積水ハウス

 新宿から約3km圏に位置しながら、約57m2の2LDKが4900万円台から。この納得感ある価格設定で注目されるのが「グランドメゾン中野富士見町」だ。

 最寄り駅は、東京メトロ丸ノ内線中野富士見町駅と京王線・京王新線の笹塚駅。それぞれ駅から徒歩14分、15分という立地なので、「駅近」ではない。しかし、不便な場所ではない。

 徒歩圏の2駅は、都心に近い。京王線・京王新線の笹塚駅からは新宿駅まで4分。丸ノ内線中野富士見町駅からは新宿駅へ8分だ。しかも、2駅からは上りの始発電車が出るので、座っての通勤も可能となる。

 丸ノ内線中野富士見町駅から都心部に向かう場合、現在は中野坂上駅で支線から本線への乗り換えが必要だ。下りの場合も、中野坂上駅での乗り換えることとなり、それが面倒という声もある。しかし、この面倒さはまもなく解消されることになっている。

 というのも、中野富士見町駅のある支線部でホームの改良工事が進んでおり、本線の電車がそのまま中野富士見町駅まで来るようになるからだ。

 工事の完成は2019年度の予定。工事が完成すれば、新宿駅、赤坂見附駅、銀座駅、東京駅、大手町駅まで乗り換えなしで行くことができ、始発電車を利用すれば、座って通勤も可能になる。利便性が飛躍的に向上するわけで、中野富士見町駅の注目度を上げる要因になりそうだ。そうなる前の今は、購入タイミングとしてわるくないと考えられる。

 加えて、マンション建設地から徒歩1分にバス停があり、新宿駅、渋谷駅、中野駅行きのバスも利用できるし、徒歩2分には深夜0時まで営業しているスーパーマーケットもある。立地、価格、利便性、将来性のバランスがよい立地条件といえる。

 建物は、積水ハウスらしい優雅さを備える。石積みで飾られた敷地入り口やタイル張りとガラス面の多い外観はシックだ。

 ホテルのような内廊下を採用し、全体の約76%が角住戸となっているのも特徴。天井高が2m50cmでバルコニーの奥行が2mもあるなど、ゆとりを重視したプランニングが特徴だ。

 全51戸の規模だが、ディスポーザ、食器洗い乾燥機が標準設置され、キッチンカウンターは天然の御影石を採用。すべての窓ガラスにペアガラスより格上のLow-Eガラスを標準設置となる。トイレには便器とは別に手洗いカウンターが設置されるなど、高級マンションの仕様だ。

 2LDKは約56㎡以上の広さがあり、バルコニーに面した窓は高さ2m10㎝のハイサッシで開放感が大きい。そして、バルコニーの奥行きは2mとゆったりしている。

 最後に、小さいけれど、納得感大の工夫をひとつ紹介したい。

 それは、バルコニーに出るサッシのクレセント(錠)を幼児の手の届きにくい1.4mの高さに設置していること。親が目を離した隙に幼児がバルコニーに出て、転落するなどの事故を防ぐため、そして、親がバルコニーに出ているとき、幼児がうっかりクレセントを締めてしまうことを防ぐための工夫である。

 現在のような分譲価格上昇期は、このような工夫が乏しくなりがち。「価格を抑える」ことが重視され、創意工夫は二の次になりやすいからだ。

 「グランドメゾン中野富士見町」は、価格を抑えながら、暮らしやすさを高めたマンションと評価される。

このエントリーをはてなブックマークに追加

住まいサーフィンレポートとは?

実際に販売センターを見て回り、マンションの「今」情報を提供
年間200件以上のマンション、建売住宅を見て回る住宅ジャーナリスト櫻井幸雄。実際に歩き、目で見て、耳で聞き集めた情報には、数字の解析だけでは分からない「生々しさ」があふれている。
この新鮮情報を「住まいサーフィン・レポート」としてまとめて主要マスコミに配布。あわせて、住まいサーフィン上でも公開する。住まいサーフィン上ではレポートとともに、旬の狙い目物件も紹介。マンション購入のアドバイスとする。

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト櫻井幸雄の経歴

1954年生まれ。1984年から週刊住宅情報の記者となり、99年に「誠実な家を買え」を大村書店から出版。
以後、「マンション管理基本の基本」(宝島社新書)、「妻と夫のマンション学」(週刊住宅新聞社)、「儲かるリフォーム」(小学館)などを出版。
最新刊は「知らなきゃ損する!21世紀マンションの新常識」(講談社刊)。
テレビ朝日「スーパーモーニング」の人気コーナー「不公平公務員宿舎シリーズ」で住宅鑑定人としてレギュラー出演するほか、「毎日新聞」で、住宅コラムを連載中。「週刊ダイヤモンド」「週刊文春」でも定期的に住宅記事を執筆している。
◇オフィシャルサイト: http://www.sakurai-yukio.com