2018年秋から冬 櫻井幸雄が探した狙い目マンション 2018年秋から冬 櫻井幸雄が探した狙い目マンション

2018年の秋から冬にかけて購入可能なマンションのなかから、狙い目と評価される物件を私の視点からピックアップした。

パークホームズ日本橋人形町二丁目

三井不動産レジデンシャル

 「パークホームズ日本橋人形町二丁目」は中央区アドレスで、東京メトロ日比谷線・都営浅草線人形町駅から徒歩3分、もしくは東京メトロ半蔵門線水天宮前駅から徒歩5分となる都心立地のマンションだ。

 事業主である三井不動産レジデンシャルは、人形町エリアでこれまで複数のマンションを分譲してきた。それは、人形町を含む日本橋エリアで多くの再開発事業を行ってきたこと、そして三井グループの源流である「三越」がある場所ということも大きいだろう。同社における日本橋は、“地元”のようなもの。それだけに、力を入ったマンションを日本橋・人形町エリアで、つくり続けてきたわけだ。

 その結果だろう、三井不動産レジデンシャルが日本橋・人形町エリアで分譲してきたマンションには、高人気物件が目立つ。

 「パークホームズ日本橋人形町二丁目」は、そんな三井不動産レジデンシャルが日本橋・人形町エリアで分譲を開始する最新のマンションである。

 その建設地は、物件名にもあるとおり中央区日本橋人形町二丁目。交通量の多い道路から一歩奥に入った、落ち着きのある場所だ。合わせて、甘酒横丁に近く、建設地近くにも飲食店が多い。そのなかには、「人形町今半人形町本店」(徒歩2分)や鶏料理の専門店で親子丼が有名な「玉ひで」(徒歩4分)など全国的に知られた名店も多い。

 インターネットサイトに出てくるグルメスポットをピックアップすれば、周辺だけで300店、400店に及ぶほどだ。

 一方で、人形町エリアには夜遅くまで開いているハンバーガー店などファストフード店も豊富。必要に応じて使い分けができるのは、うれしい利点となるだろう。

 さらにスーパーマーケットのピーコックストア トルナーレ日本橋浜町店が徒歩7分、マルエツプチ人形町駅前店が徒歩3分など生活利便施設がそろう。浜町公園(徒歩6分)、隅田川テラス(徒歩9分)といった憩いの場所もある。

 「パークホームズ日本橋人形町二丁目」は、都心に位置し、現実的にシングルにもファミリーにも暮らしやすい条件を多く備えたマンションと評価される。

 建設地の中央区は、これまで定住人口増加策をとり、マンション建設の規制緩和が行われてきた。結果、晴海や勝どきといった湾岸エリアで50階を超えるような巨大マンションが次々につくられてきた。

 結果、同区は平成17年から22年の国勢調査で、人口増加率が23区内で1位、全国でも2位の人口増となった。加えて平成27年度各行政区世論調査では、「継続して住み続けたい」場所として、中央区は23区中1位。人口が増え、定住指向が強い場所であるわけだ。

 これに加えて、2020年東京五輪で選手村が分譲されたり賃貸に出されることになっており、「定住人口増加策を見直してもよいのでは」という議論が出ている。

 「パークホームズ日本橋人形町二丁目」は、そろそろ数が少なくなる中央区立地の新築マンションでもあるわけだ。

 建物は、和のテイストで加えたデザインを採用。上品で高級感のある外観は、今後三井不動産レジデンシャルの都心マンションに広まってゆくかもしれない。

 住戸は、約40m2〜80m2の1LDK〜3LDKの構成。間取りは間口の広いワイドスパンとなる。全39戸の規模だが、ディスポーザーを採用するなど設備仕様のレベルは高くなる予定だ。

 その販売は、来年年明けからの予定で、現時点での販売価格は未定となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

住まいサーフィンレポートとは?

実際に販売センターを見て回り、マンションの「今」情報を提供
年間200件以上のマンション、建売住宅を見て回る住宅ジャーナリスト櫻井幸雄。実際に歩き、目で見て、耳で聞き集めた情報には、数字の解析だけでは分からない「生々しさ」があふれている。
この新鮮情報を「住まいサーフィン・レポート」としてまとめて主要マスコミに配布。あわせて、住まいサーフィン上でも公開する。住まいサーフィン上ではレポートとともに、旬の狙い目物件も紹介。マンション購入のアドバイスとする。

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト櫻井幸雄の経歴

1954年生まれ。1984年から週刊住宅情報の記者となり、99年に「誠実な家を買え」を大村書店から出版。
以後、「マンション管理基本の基本」(宝島社新書)、「妻と夫のマンション学」(週刊住宅新聞社)、「儲かるリフォーム」(小学館)などを出版。
最新刊は「知らなきゃ損する!21世紀マンションの新常識」(講談社刊)。
テレビ朝日「スーパーモーニング」の人気コーナー「不公平公務員宿舎シリーズ」で住宅鑑定人としてレギュラー出演するほか、「毎日新聞」で、住宅コラムを連載中。「週刊ダイヤモンド」「週刊文春」でも定期的に住宅記事を執筆している。
◇オフィシャルサイト: http://www.sakurai-yukio.com