2018年秋から冬 櫻井幸雄が探した狙い目マンション 2018年秋から冬 櫻井幸雄が探した狙い目マンション

2018年の秋から冬にかけて購入可能なマンションのなかから、狙い目と評価される物件を私の視点からピックアップした。

プラウド新宿牛込柳町

野村不動産

 新宿エリアから約3kmの距離で、大手町エリアからは約4km。山手線内側のほぼ中心地に位置し、便利な都心立地でまず注目されるマンションだ。

 ここでいう便利は、単に都心各エリアへのアクセスがよいというだけにとどまらない。都営大江戸線牛込柳町駅から徒歩3分だし、都心部にありながら、じつは生活利便性も高い。

 まず、マンション建設地から徒歩3分圏に2つのスーパーマーケットとドラッグストアがあり、徒歩10分圏に2つの総合病院がある。徒歩10分圏内に保育園が3つと幼稚園が4つ。通学校となる早稲田小学校が徒歩11分で牛込第二中学校が徒歩10分。グルメスポットの神楽坂は歩いても20分なので、休日の楽しみも広がる。

 山手線内側の中心エリアなのに、普通に生活しやすい条件がそろっている。地に足を付けて都心ライフを満喫できる場所に建つマンション……それが、「プラウド新宿牛込柳町」の魅力だと私は感じた。

 建設地は、標高32mのヒルトップとなる。じつは、山手線内側は平坦な場所が多く、最も標高が高いところでも32m程度。だから、標高30mは、見晴らしのよい高台ということになる。

 実際、「プラウド新宿牛込柳町」の北側は、早稲田方向に下る地形となり、都心部では珍しい住宅エリアが広がっている。山手線内側でこんな開放的な場所があるのか、と驚くほどの眺望が広がる。一方、南側はセットバックが進行する公道沿いで、目の前の建物との間が約30mも離れる計画となっている。

 南向き、北向きともに眺望・採光にすぐれた住戸になっている点も、都心立地のマンションとしては秀逸だ。全104戸の規模で、外観・エントランスのつくりにも力が入れられ、個性的デザインのマンションになる計画も好ましい。

 建物内は、ホテルのような内廊下方式となり、内廊下には空調が設置される。そして、設備機器のレベルも高い。

 まず、玄関キーをポケットやバッグに入れているだけで、オートロックが解除されるハンズフリーシステムを採用。エレベーターは無用の階への停止を制限し、各住戸の玄関前にカメラ付きインターホン、玄関キーに電気錠を採用するなど、セキュリティの高さも特徴だ。

 住戸内では、キッチンのディスポーザーと食器洗い乾燥機が標準設置となり、浴室はミストサウナ付き。3LDK以上にはリビングに天井カセット式エアコンが付けられ、1LDKには最新の全身シャワー設備も付けられる。

 分譲価格は2LDKが6600万円台からで、スタジオタイプから4LDKまで幅広いプランが用意されている。

 野村不動産の「プラウド」は、できあがってから評価が上がるマンションが多い。実物を見て、そのよさが改めてわかるというわけだ。「プラウド新宿牛込柳町」も、そんな傑作マンションのひとつになりそうだ。

 最後に、最寄りの牛込柳町駅から利用できる都営大江戸線について。

 私は、都営大江戸線に密かに注目している。それは、2020年東京五輪をきっかけに24時間運行の道が開けるのではないか、と考えているからだ。2012年にオリンピックを開いたロンドンでは、五輪期間中に一部地下鉄を24時間運転し、好評だったので、今は金曜日の夜だけ24時間運転をしている。

 大江戸線は、国立競技場前駅と選手村近くの勝どき駅を結び、途中に六本木駅がある。24時間運転する可能性は高いとみているのだが、さて、どうなるか楽しみである。

このエントリーをはてなブックマークに追加

住まいサーフィンレポートとは?

実際に販売センターを見て回り、マンションの「今」情報を提供
年間200件以上のマンション、建売住宅を見て回る住宅ジャーナリスト櫻井幸雄。実際に歩き、目で見て、耳で聞き集めた情報には、数字の解析だけでは分からない「生々しさ」があふれている。
この新鮮情報を「住まいサーフィン・レポート」としてまとめて主要マスコミに配布。あわせて、住まいサーフィン上でも公開する。住まいサーフィン上ではレポートとともに、旬の狙い目物件も紹介。マンション購入のアドバイスとする。

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト櫻井幸雄の経歴

1954年生まれ。1984年から週刊住宅情報の記者となり、99年に「誠実な家を買え」を大村書店から出版。
以後、「マンション管理基本の基本」(宝島社新書)、「妻と夫のマンション学」(週刊住宅新聞社)、「儲かるリフォーム」(小学館)などを出版。
最新刊は「知らなきゃ損する!21世紀マンションの新常識」(講談社刊)。
テレビ朝日「スーパーモーニング」の人気コーナー「不公平公務員宿舎シリーズ」で住宅鑑定人としてレギュラー出演するほか、「毎日新聞」で、住宅コラムを連載中。「週刊ダイヤモンド」「週刊文春」でも定期的に住宅記事を執筆している。
◇オフィシャルサイト: http://www.sakurai-yukio.com