2019年春から夏 櫻井幸雄が探した狙い目マンション 2019年春から夏 櫻井幸雄が探した狙い目マンション

2019年の春から夏にかけて購入可能なマンションのなかから、狙い目と評価される物件を私の視点からピックアップした。

ライオンズ長津田グランリーフ

大京

 「ライオンズ長津田グランリーフ」は、全64戸のマンション。しかし、小規模だからと言ってスルーするのは惜しい新築マンションだ。理由は、建物の質がびっくりするくらい高いから。それでいて、3LDKが3900万円台からの価格設定。この価格設定を聞いて二度びっくりしてしまった。

 プロ好みのマンションといえる理由を説明しよう。

 まず、建設地は東急田園都市線長津田駅から徒歩10分の横浜市緑区。徒歩10分だから、駅近ではない。しかし、遠いともいえない。駅周辺の道路・歩道が再開発で広がり、マンションまでのルートは大半が街路樹付きの歩道になっていることを考えれば、健康のために歩くのもわるくないと思える距離だ。

 長津田駅では、東急田園都市線とJR横浜線が利用でき、渋谷経由で都心まで、そして新横浜・横浜方面へのアクセスがよい。加えて、東急こどもの国線も利用できるので、休日は子どもの国に、遊びに行きやすい。

 しかしながら、東急田園都市線は朝のラッシュ度が高いという難点がある。1984年に同線が中央林間駅まで延伸してから、小田急江ノ島線からの乗客が中央林間駅で増え、東急田園都市線沿線の住人は席に座ることはおろか、ベストな立ち位置も確保しにくくなってしまった。これは、東急田園都市線沿線に住む人たちの不満になっている。

 その点、長津田駅には、有利な点がある。

 それは、始発の上り電車が出る駅であることだ。その数は、朝6時台から8時台に29本。7時台には14本の始発電車があるため、ほぼ5分に1本の割合で始発電車を利用できる。

 多くの始発電車を利用でき、座ることができる可能性が高いのは、長津田駅の大きなアドバンテージとなる。

 加えて、「ライオンズ長津田グランリーフ」は建物の質が高い。まず、建物外観はアースカラーを基調にした総タイル張りで、風格がある。エントランスホールにも内装タイルがあしらわれ、大きなガラス越しに中庭が見える。とても、3LDKが3900万円台から、のマンションには見えない。客を招けば「なんて素敵なマンションなの。さぞ高かったでしょ」と言われるはずだ。

 見栄えがよいだけでなく、住戸の性能も高い。

 「ライオンズ長津田グランリーフ」は、高層ZEH-M(ゼッチ・マンション)の実証事業採択決定を受けたプロジェクトで、「断熱性の向上」「高効率設備・システムの導入」「再生可能エネルギー設備の導入」でゼロエネルギー住宅を目指したマンションとなる。たとえば、窓ガラスには「アルゴンガス入りLow-E複層ガラス」を設置(一部除く)。窓枠にもアルミ樹脂を用い、断熱性を高いレベルまで上げて、窓の結露を徹底的に防ぐ。

 この窓は高性能である分、高価だ。その高額窓を惜しげもなく採用し、窓面積が大きい。40年近くマンションを見続けている私でも、バルコニーに面した窓の大きさには圧倒された。惚れ惚れするような窓である。この窓を見ながら暮らすだけでも、同マンションを買う価値はある、と思った。

 全住戸に、都市ガスで電気とお湯をつくるエネファームが設置され、LDに高効率エアコンを1台設置。多くの工夫で、年間の光熱費は5万円以上節約できるという。繰り返すが、このつくりで3LDKが3900万円台からの設定なのである。

 「ライオンズ長津田グランリーフ」を取材すると、ファミリーカーなのに、じつはドイツ製高性能車のエンジンが載っているような車を連想してしまう。ファミリーカーの価格なのに、中身がすごいのだ。

 見て損のないマンションである。

このエントリーをはてなブックマークに追加

住まいサーフィンレポートとは?

実際に販売センターを見て回り、マンションの「今」情報を提供
年間200件以上のマンション、建売住宅を見て回る住宅ジャーナリスト櫻井幸雄。実際に歩き、目で見て、耳で聞き集めた情報には、数字の解析だけでは分からない「生々しさ」があふれている。
この新鮮情報を「住まいサーフィン・レポート」としてまとめて主要マスコミに配布。あわせて、住まいサーフィン上でも公開する。住まいサーフィン上ではレポートとともに、旬の狙い目物件も紹介。マンション購入のアドバイスとする。

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト櫻井幸雄の経歴

1954年生まれ。1984年から週刊住宅情報の記者となり、99年に「誠実な家を買え」を大村書店から出版。
以後、「マンション管理基本の基本」(宝島社新書)、「妻と夫のマンション学」(週刊住宅新聞社)、「儲かるリフォーム」(小学館)などを出版。
最新刊は「知らなきゃ損する!21世紀マンションの新常識」(講談社刊)。
テレビ朝日「スーパーモーニング」の人気コーナー「不公平公務員宿舎シリーズ」で住宅鑑定人としてレギュラー出演するほか、「毎日新聞」で、住宅コラムを連載中。「週刊ダイヤモンド」「週刊文春」でも定期的に住宅記事を執筆している。
◇オフィシャルサイト: http://www.sakurai-yukio.com