2019年春から夏 櫻井幸雄が探した狙い目マンション 2019年春から夏 櫻井幸雄が探した狙い目マンション

2019年の春から夏にかけて購入可能なマンションのなかから、狙い目と評価される物件を私の視点からピックアップした。

メイツ大和クロスグランデ

名鉄不動産

 3LDKが2900万円台から、4LDKでも3800万円台から、という価格設定で、まず注目されるのが、「メイツ大和クロスグランデ」。神奈川県大和市で、小田急江ノ島線と相鉄線が利用できる大和駅を最寄りとし、同駅から徒歩8分に立地する全196戸のマンションだ。

 このマンションには、価格以外の注目点が多い。

 たとえば、最寄りの小田急江ノ島線大和駅は、特急ロマンスカーを含めてすべての電車が停車し、使い勝手がよい。そして、小田急線は昨年3月の複々線化完了で、運行状況が改善されている。朝のラッシュ時に発生していたノロノロ運転が少なくなり、ラッシュの混雑度も緩和されている。都心方向への通勤事情がよくなっているわけだ。

 そして、大和駅から横浜駅に向かう相鉄線にも楽しみがある。

 それは、相鉄線が都心に直通する計画があること。相鉄本線の西谷駅から新横浜(仮称)駅間をつなぐ「相鉄新横浜線」が今年11月30日に開業予定で、その先、東急東横線・目黒線の日吉駅間までの「東急新横浜線」が2022年度下期に開業予定。その2つが開通すれば、相鉄線の電車に乗ったままで都心部まで通勤・通学が可能になり、所要時間が大幅に短縮される。さらに、途中駅の新横浜駅で新幹線も利用しやすくなる。

 大和駅周辺エリアでは、厚木基地からの飛行機騒音を気にする人もいるだろう。これに関しても、新しい出来事がある。 それは、昨年3月、アメリカ空母艦載機部隊が岩国飛行場(山口県)に移駐。大和市を含む基地周辺9市における騒音発生回数が、移駐前と比べて8割から9割程度減ったという調査結果が出ている。

 実際、大和駅周辺に降り立つと、圧倒的に静かになった印象を受ける。が、多くの人はまだ「飛行機の騒音がうるさいんでしょ」という先入観を持っている。そのことで、「メイツ大和クロスグランデ」の価格は抑えられているのではないか、と思えてしまう。

 音の問題があるので、同マンションは割安。しかし、今は音の問題が8割から9割減っている……これも、意外な注目点だろう。 「メイツ大和クロスグランデ」は、建物が完成し、建物内のモデルルーム公開が始まったマンションである。今、この「完成済みマンション」の注目度が上がっている。その理由はいくつかある。

 まず、現在のようにマンション価格の上昇が著しいとき、以前から販売されているマンションに割安感が生じること。割安であるだけでなく、最新マンションよりも設備仕様のレベルが高い、という利点もある。

 「メイツ大和クロスグランデ」の場合、キッチンにディスポーザー(生ゴミ粉砕処理機)と食器洗い乾燥機を標準設置。24時間ゴミ出しOKで、バルコニーはスロップシンク(外部水栓)も付く。これだけ設備が充実する郊外ファミリー向けマンションはなかなかみつからない。

 完成済みマンションなので、実際の建物と住戸内を見て購入を検討できるし、入居までの時間が短い。今年9月末までの入居で、消費税率は8%が適用されるのも、完成済みマンションの長所だ。

 住戸は、3LDKで65m2前後の広さとなるが、バルコニー側の柱形を住戸外に出し、廊下も短くなっているので、室内の有効面積が大きい。実質70m2レベルの暮らしが実現し、マルチクローゼット、ウォークインクローゼット布団クローゼットなど大型収納が設けられるのも特徴だ。

 その分譲価格は、先着順販売住戸で3400万円台からの設定。最上階(12階)でも3900万円台。4000万円を切る価格設定に魅力を感じる人は多いだろう。

 「メイツ大和クロスグランデ」では、80m2前後の角住戸タイプ4LDKも購入可能となっており、この4LDKはすべて角住戸タイプとなる。

 4LDKは、子どもが3人の5人家族に対応可能。それだけでなく、2世帯同居にも対応できるし、子ども2人の4人家族で、一部屋を趣味や仕事のスペースとして使うこともできる。贅沢な暮らしを実現する4LDKだが、「メイツ大和クロスグランデ」の4LDKは3800万円台からの設定。決して、手が届かない夢の住まいというわけではない。

 「メイツ大和クロスグランデ」は、実際の建物を見て、眺望や音、住戸内を確認でき、不安なく購入ができるマンションとなっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

住まいサーフィンレポートとは?

実際に販売センターを見て回り、マンションの「今」情報を提供
年間200件以上のマンション、建売住宅を見て回る住宅ジャーナリスト櫻井幸雄。実際に歩き、目で見て、耳で聞き集めた情報には、数字の解析だけでは分からない「生々しさ」があふれている。
この新鮮情報を「住まいサーフィン・レポート」としてまとめて主要マスコミに配布。あわせて、住まいサーフィン上でも公開する。住まいサーフィン上ではレポートとともに、旬の狙い目物件も紹介。マンション購入のアドバイスとする。

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト櫻井幸雄の経歴

1954年生まれ。1984年から週刊住宅情報の記者となり、99年に「誠実な家を買え」を大村書店から出版。
以後、「マンション管理基本の基本」(宝島社新書)、「妻と夫のマンション学」(週刊住宅新聞社)、「儲かるリフォーム」(小学館)などを出版。
最新刊は「知らなきゃ損する!21世紀マンションの新常識」(講談社刊)。
テレビ朝日「スーパーモーニング」の人気コーナー「不公平公務員宿舎シリーズ」で住宅鑑定人としてレギュラー出演するほか、「毎日新聞」で、住宅コラムを連載中。「週刊ダイヤモンド」「週刊文春」でも定期的に住宅記事を執筆している。
◇オフィシャルサイト: http://www.sakurai-yukio.com