2019年春から夏 櫻井幸雄が探した狙い目マンション 2019年春から夏 櫻井幸雄が探した狙い目マンション

2019年の春から夏にかけて購入可能なマンションのなかから、狙い目と評価される物件を私の視点からピックアップした。

オハナ萩山

野村不動産

 「オハナ萩山」の建設地は、西武拝島線・多摩湖線の萩山駅から徒歩4分。萩山駅は、西武多摩湖線で国分寺駅から7分の所要時間。つまり、JR中央線の国分寺駅で電車を乗り換えてから、最短11分でマンションまで到着する。

 そう考えると、「オハナ萩山」は割安だ。約64m2の3LDKが3300万円台予定。約71m2の3LDKでも3000万円台の価格設定となるからだ。国分寺駅からの所要時間11分、最寄り駅から徒歩4分という立地条件で、3LDKが3000万円台で購入できるマンションは、今や少ない。

 事業主は野村不動産で、建設地の住所が東京都東村山市であることを考え合わせると、さらに割安だと感じる。

 「オハナ」は、郊外立地で上質・高規格のマンションを抑えた分譲価格で提供したい、という願いを込めて、野村不動産が2011年に生み出した新しいマンションブランドだ。その第一号物件は同じ萩山町で分譲された。

 それは、萩山エリアが実質的に生活しやすく、土地の値段が抑えられている場所と認められたからだ。

 実際、「オハナ萩山」の建設地も実質的に生活しやすい。

 建設地は、萩山駅のほか、西武新宿線久米川駅から徒歩14分など4駅が徒歩圏となる。駅からマンションまでのルート上に夜10時まで開いているスーパーマーケットがあり、同マンションからは徒歩3分の距離。イオンフードスタイルも徒歩9分だ。小学校は徒歩5分で。隣接地に新設された保育園もある。

 建物は全93戸の規模となり、建物の質が高いのも、「オハナ」の特徴だ。

 建物の外壁にはタイル張り部分が多く、バルコニーの手すりにはガラスを多用。エントランス前は石積みと植栽で飾られ、高級マンションのムードが漂う。タイル、ガラス、石積みはいずれも経年変化を起こしにくいため、長く住み続けて風格が増す外観と評価される。

 間取りは人気の高い対面キッチン型で、ウォークインクローゼットなど収納スペースが多いのも特徴。この価格帯で4LDKタイプが多く設定されている、という注目点もある。

 4LDKであれば、子ども2人の4人家族で、一部屋自由に使えることになる。趣味を楽しむスペースが欲しい人、また家で仕事を行う人にはうれしい間取りだろう。

 電力一括購入や高効率型給湯器のエコジョーズを採用するなどの工夫で、毎月の光熱費を抑える工夫もある。さらに、注目したいのは、修繕積立金は30年間定額制になっていること。住み始めてから、すぐに修繕積立金が上がるようなことはない。

 モデルルームをみると、リビングダイニングがゆったりしていることが分かる。12畳クラスの広さがあり、キッチンも広い。そのキッチンでは、システムキッチンの天板が御影石になっていた。これは、オプションではなく、標準仕様とのこと。3000万円台で購入できる3LDKで、天然石の天板を備えるところは珍しい。これも、高級マンションの仕様だ。

 施工は長谷工コーポレーションで、同社の「プレミアムアフターサービス」付きとなるため、安心して長く住み続けることができる。管理面では専有部のトラブル、不具合にも24時間365日電話対応で迅速に対応してくれる「リビングQコール」も利用できる。

 この安心感に加え、24時間ゴミ出しOKといった便利さが実現するのは、マンション暮らしならではだろう。

 駅徒歩4分で、安全・快適なマンション3LDKが3000万円台で購入可能……まさに「オハナ」らしいマンションといえる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

住まいサーフィンレポートとは?

実際に販売センターを見て回り、マンションの「今」情報を提供
年間200件以上のマンション、建売住宅を見て回る住宅ジャーナリスト櫻井幸雄。実際に歩き、目で見て、耳で聞き集めた情報には、数字の解析だけでは分からない「生々しさ」があふれている。
この新鮮情報を「住まいサーフィン・レポート」としてまとめて主要マスコミに配布。あわせて、住まいサーフィン上でも公開する。住まいサーフィン上ではレポートとともに、旬の狙い目物件も紹介。マンション購入のアドバイスとする。

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト櫻井幸雄の経歴

1954年生まれ。1984年から週刊住宅情報の記者となり、99年に「誠実な家を買え」を大村書店から出版。
以後、「マンション管理基本の基本」(宝島社新書)、「妻と夫のマンション学」(週刊住宅新聞社)、「儲かるリフォーム」(小学館)などを出版。
最新刊は「知らなきゃ損する!21世紀マンションの新常識」(講談社刊)。
テレビ朝日「スーパーモーニング」の人気コーナー「不公平公務員宿舎シリーズ」で住宅鑑定人としてレギュラー出演するほか、「毎日新聞」で、住宅コラムを連載中。「週刊ダイヤモンド」「週刊文春」でも定期的に住宅記事を執筆している。
◇オフィシャルサイト: http://www.sakurai-yukio.com