2019年春から夏 櫻井幸雄が探した狙い目マンション 2019年春から夏 櫻井幸雄が探した狙い目マンション

2019年の春から夏にかけて購入可能なマンションのなかから、狙い目と評価される物件を私の視点からピックアップした。

オハナ相武台

野村不動産

 全225戸の大規模マンションなのだが、取材した4月中旬で、残り住戸は14戸。販売終了は間近となっているのが、「オハナ相武台」だ。販売終了間近となるため、このゴールデンウィークは購入を検討できる最後のチャンスとなるかもしれない。

 人気の理由は、まず68m2台の3LDKが2500万円台から、という価格設定にありそうだ。71m2のゆとりある3LDKでも3100万円台〜3400万円台という価格設定に魅力を感じる人は多いはずだ。実は、この70m2台住戸が多いことも「オハナ相武台」の注目点。このところ増えている60m2台3LDKよりもひとまわり広く、ゆとりある生活が実現する。

 実際、住戸内には収納スペースを多く、全戸にウォークインクローゼット、納戸、押入クローゼットが付く。キッチンにはディスポーザー(生ゴミ粉砕処理機)、LDには床暖房が標準設置となるなど、価格は抑えられても、住戸の質は高い。

 「オハナ相武台」はすでに建物が完成しているため、実際の建物を確認し、住戸内をみることができる。そして、即入居可能。実物をみて、購入を検討できるわけで、その確実さも魅力だ。ちなみに、9月末までの入居が可能なので、消費税は現状の8%が適用となる。

 完成している建物を見ると、外壁にはタイル張り部分が多く、バルコニーの手すりにはガラスを多用。エントランス前は石積みと植栽で飾られ、高級マンションのムードが漂う。タイル、ガラス、石積みはいずれも経年変化を起こしにくいため、長く住み続けて風格が増す外観と評価される。

 「オハナ相武台」は全225戸の大規模で、野村不動産が供給する「オハナ」シリーズのなかでも戸数規模が大きい。そのスケールメリットで、重厚なエントランス、ガラス張りで明るいロビーラウンジ、キッズプレイラウンジ、生協宅配専用置場など共用施設が充実するのも特徴だ。

 敷地内の駐車場はすべて平置きで、その使用料は月額1500円から3800円。マンション周囲の月極駐車場を借りるより安く、設置数が多い(住戸数の約8割)ため、残り14戸の時点でもまだ借りることができる。

 同マンションは小田急線相武台前駅からフラットアプローチで徒歩11分。相武台前駅には日々の買い物に便利な「小田急マルシェ相武台」があり、駅から同マンションまでの間に「生活クラブ相武台デポー」や「スーパー三和相武台店」「業務スーパーTAKENOKO相武台店」がある。さらに、「オハナ相武台」から自転車で約4分には大規模商業施設の「インモール座間」まである。非常に生活しやすい立地条件といえるだろう。

 ちなみに、「イオンモール座間」まで行ってみると、シネマコンプレックスの建築看板が出ていた。活気あるエリアで、これからも魅力が増して行くことは間違いない。

 最後に注目したいのは、同マンションが備える大きな安心感。たとえば、修繕積立金は30年間定額制になっていること。住み始めてから、すぐに修繕積立金が上がるようなことはない。

 そして、従来より長期間の定期点検やアフターサービス付きとなり、管理面では専有部のトラブル、不具合にも24時間365日電話対応で迅速に対応してくれる「リビングQコール」が利用できる。

 これらの安心感に加え、24時間ゴミ出しOKといった便利さが実現するのは、マンション暮らしならではだろう。

 「オハナ相武台」は70m2クラスの3LDKが3000万円台前半で購入可能なことも含め、快適な暮らしを実現する、じつに「オハナ」らしいマンションといえる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

住まいサーフィンレポートとは?

実際に販売センターを見て回り、マンションの「今」情報を提供
年間200件以上のマンション、建売住宅を見て回る住宅ジャーナリスト櫻井幸雄。実際に歩き、目で見て、耳で聞き集めた情報には、数字の解析だけでは分からない「生々しさ」があふれている。
この新鮮情報を「住まいサーフィン・レポート」としてまとめて主要マスコミに配布。あわせて、住まいサーフィン上でも公開する。住まいサーフィン上ではレポートとともに、旬の狙い目物件も紹介。マンション購入のアドバイスとする。

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト櫻井幸雄の経歴

1954年生まれ。1984年から週刊住宅情報の記者となり、99年に「誠実な家を買え」を大村書店から出版。
以後、「マンション管理基本の基本」(宝島社新書)、「妻と夫のマンション学」(週刊住宅新聞社)、「儲かるリフォーム」(小学館)などを出版。
最新刊は「知らなきゃ損する!21世紀マンションの新常識」(講談社刊)。
テレビ朝日「スーパーモーニング」の人気コーナー「不公平公務員宿舎シリーズ」で住宅鑑定人としてレギュラー出演するほか、「毎日新聞」で、住宅コラムを連載中。「週刊ダイヤモンド」「週刊文春」でも定期的に住宅記事を執筆している。
◇オフィシャルサイト: http://www.sakurai-yukio.com