2019年春から夏 櫻井幸雄が探した狙い目マンション 2019年春から夏 櫻井幸雄が探した狙い目マンション

2019年の春から夏にかけて購入可能なマンションのなかから、狙い目と評価される物件を私の視点からピックアップした。

パークナード恵比寿

パナソニックホームズ

 「パークナード恵比寿」で最初に注目されるのは、都心マンションとしての立地のよさ。渋谷区恵比寿南で、JR山手線ほか4路線が利用できる恵比寿駅と東急東横線の代官山駅、中目黒駅に囲まれた場所だ。東京メトロ日比谷線の恵比寿駅から徒歩5分で、JR山手線恵比寿駅から徒歩7分、代官山駅から徒歩5分で、中目黒駅からは徒歩9分だ。

 3駅周辺は、すべて街の魅力が大きい。ファッション、雑貨の有名店があるし、芸能人が通う隠れ家的な飲食店も多い。その3駅が、すべて徒歩10分以内になる。この刺激がたまらない。「パークナード恵比寿」に住めば、ワクワクした毎日が始まりそうだ。

 さらに、恵比寿エリアは、近年、各種の「住みたい街ランキング」で第1位をとることが多い注目の街。多くの人が住みたい、と考えることは資産価値が高まることを意味する。そんな場所でマンションを購入すれば、将来の楽しみも膨らむ。

 恵比寿の注目点はそれだけではない。

 不動産のプロとしては、恵比寿駅が「再開発が進む渋谷の隣駅である」ことも気になるところだ。このところ、渋谷駅周辺の変貌ぶりはすさまじい。超高層のビルが次々に建設され、どんな街に変わるのか、想像もできないほど。その渋谷駅周辺に新たな所有権分譲のマンションが誕生することは考えにくい。そうなると、隣駅・恵比寿周辺がマンション立地として注目度を上がるのではないか……「パークナード恵比寿」に対する興味はさらに高まる。

 将来性が高く評価される恵比寿エリアだが、山手線内側の港区や千代田区と比べると、まだ新築マンション価格の上がり方は緩やかだ。

 「パークナード恵比寿」の場合、取材した4月下旬で販売中だった住戸は約48m2の1LDKで8780万円、約83m23LDKで1億4980万円など。60m2台の2LDKで1億1000万円程度の価格設定となっている。

 決して安くはないが、魅力ある立地の都心マンションとしては、順当な価格設定といえる。

 実際、都心マンションを購入する富裕層といわれる人でも、分譲価格が2億円を超えると、簡単に購入を決めることはできない。できれば、1億円を少し超えたくらいで、立地のよい都心マンションを購入したいという声を聞くことが多い。その「頃合い」の価格を「パークナード恵比寿」は実現しているわけだ。

 建設地は、駒沢通りから一歩入った住宅地内。一戸建てが多く、建設できる建物の規制が厳しい場所だ。周囲に一戸建てが多いため、「パークナード恵比寿」では、眺望の開ける住戸が多くなる。

 アースカラーを基調にした外観はタイル張り部分が多く、色分けされたバルコニーの手すりがアクセントになっている。石張りのエントランスにはアイアンゲートが採用され、敷地内には緑が多いのも特徴だ。壁面緑化やルーフバルコニーの外側に配置されたプランターで植物を配置するなどの工夫が凝らされる。くつろぎやゆとりを第一に考えたい……そんな姿勢を示す外観だろう。

 安全性の高い内廊下方式を採用し、各階クリーンステーションつまりゴミ置き場が設置される。全70戸、中層の建物で、各階ゴミ置き場を実現するのは、地味にすごい。朝10時から19時までコンシェルジュが暮らしをサポートする予定もあり、4重のオートロックで、玄関キーをポケットやバッグに入れているだけでオートロックが解除されるハンズフリー方式も採用される。

 また、24時間換気装置にHEPAフィルターを設置し、「アイスランドよりきれいな空気」を室内で実現させる、といった他ではなかなかお目にかかれない工夫もある。

 住戸は約42m2〜117m2の1LDK〜3LDK。キッチンのディスポーザー、食器洗い乾燥機を標準設置し、住戸内の水をすべて浄化する良水工房も標準設置となる。

 「パークナード恵比寿」は、自ら住んで高い満足度を得ることができるマンションだろう。都心高級物件として、総合点の高いマンションだと評価される。

このエントリーをはてなブックマークに追加

住まいサーフィンレポートとは?

実際に販売センターを見て回り、マンションの「今」情報を提供
年間200件以上のマンション、建売住宅を見て回る住宅ジャーナリスト櫻井幸雄。実際に歩き、目で見て、耳で聞き集めた情報には、数字の解析だけでは分からない「生々しさ」があふれている。
この新鮮情報を「住まいサーフィン・レポート」としてまとめて主要マスコミに配布。あわせて、住まいサーフィン上でも公開する。住まいサーフィン上ではレポートとともに、旬の狙い目物件も紹介。マンション購入のアドバイスとする。

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト櫻井幸雄の経歴

1954年生まれ。1984年から週刊住宅情報の記者となり、99年に「誠実な家を買え」を大村書店から出版。
以後、「マンション管理基本の基本」(宝島社新書)、「妻と夫のマンション学」(週刊住宅新聞社)、「儲かるリフォーム」(小学館)などを出版。
最新刊は「知らなきゃ損する!21世紀マンションの新常識」(講談社刊)。
テレビ朝日「スーパーモーニング」の人気コーナー「不公平公務員宿舎シリーズ」で住宅鑑定人としてレギュラー出演するほか、「毎日新聞」で、住宅コラムを連載中。「週刊ダイヤモンド」「週刊文春」でも定期的に住宅記事を執筆している。
◇オフィシャルサイト: http://www.sakurai-yukio.com