2019年春から夏 櫻井幸雄が探した狙い目マンション 2019年春から夏 櫻井幸雄が探した狙い目マンション

2019年の春から夏にかけて購入可能なマンションのなかから、狙い目と評価される物件を私の視点からピックアップした。

ルネ八王子トレーシア

総合地所

 「ルネ八王子トレーシア」は、建物が完成し、建物内のモデルルーム公開が始まったマンションである。

 いわゆる完成済みマンションなのだが、今、この「完成済みマンション」の注目度が上がっている。その理由はいくつかある。

 まず、現在のようにマンション価格の上昇が著しいとき、以前から販売されているマンションに割安感が生じること。新規販売のマンション3LDKが4000万円以上となっているのに、以前から販売されている3LDKは3000万円台で購入可能……そういう状況が生まれ、注目度が上がるわけだ。

 加えて、完成済みマンションであれば実際の建物と住戸内を見て購入を検討できるし、入居までの時間が短い。その確実さを好む人が増えていることも、「完成済みマンション」の人気を後押ししている。

 八王子市内で販売されている「ルネ八王子トレーシア」も、「完成済み」ならではの魅力を備えるマンションだ。

 最寄り駅は、JR中央線と横浜線、京王線が利用できる八王子(京王八王子)駅。JR横浜線と京王線はすべての電車が始発電車となり、JR中央線は快速、中央特快、通勤快速が利用できて、朝の通勤時間帯には7本の始発電車が出る。「朝は始発電車で座って行きたい」という人には狙い目の駅となるわけだ。

 「ルネ八王子トレーシア」の立地は、八王子駅から徒歩10分。駅周辺の喧噪から離れて、静か。そして、八王子駅近くの新築マンション3LDKが5000万円を超えるレベルになっているのに、「ルネ八王子トレーシア」は3LDKが2500万円台から、4LDKタイプでも3400万円台から、という設定。この価格設定に魅力を感じる人は少なくないはずだ。

 実際に、八王子駅北口から歩いてみると、マンションまでの道は、大半が歩行者専用道路。活気ある商店街の「ユーロード(西放射線通り商店街)」となり、買い物をしやすく、明るくて、便利だ。そして、マンションの周囲には飲食店がなく、住宅地としての落ち着きがある。便利に暮らせるが、マンションのまわりは静かという理想的な立地条件といえる。

 完成した建物に入ると、眺望の開けた住戸が多く、5階程度の高さでも富士山がよく見えた。富士山を望む住戸が多いことは、同マンションの大きな特徴になっている。

 八王子市立第一小学校まで徒歩8分と、子育て環境もよい。そういえば、JR中央線沿線には小学校から大学まで有名校が多い。中央線沿線の学校に子どもを通わせる家庭にとっても「ルネ八王子トレーシア」は好ましい立地条件のマンションとなるだろう。

 住戸は、約68m2〜80m2の3LDKと4LDK。このところ八王子駅周辺には、1LDKを中心にしたコンパクト住戸をそろえたマンションが目立つようになっているが、同マンションは純粋にファミリー向けとなる。

 そして、4LDKタイプが多いのも特徴。その4LDKはすべて角住戸タイプだ。

 4LDKは、子どもが3人の5人家族に対応可能。それだけでなく、2世帯同居にも対応できるし、子ども2人の4人家族で、一部屋を趣味や仕事のスペースとして使うこともできる。贅沢な暮らしを実現する4LDKだが、「ルネ八王子トレーシア」の4LDKは3400万円台からの設定。決して、手が届かない夢の住まいというわけではない。

 家賃並の毎月返済金で4LDKが購入でき、その4LDK住戸を実際に見て見当できる。それも、「ルネ八王子トレーシア」の大きな注目点といえるだろう。

 住戸内では収納スペースが充実し、ウォークインクローゼットと布団クローゼットという大型収納が付く。住戸によっては、成約特典として100万円分のオプションが付く住戸もある。

 「ルネ八王子トレーシア」は、実物を見て、お得感がより大きく感じられるマンションだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

住まいサーフィンレポートとは?

実際に販売センターを見て回り、マンションの「今」情報を提供
年間200件以上のマンション、建売住宅を見て回る住宅ジャーナリスト櫻井幸雄。実際に歩き、目で見て、耳で聞き集めた情報には、数字の解析だけでは分からない「生々しさ」があふれている。
この新鮮情報を「住まいサーフィン・レポート」としてまとめて主要マスコミに配布。あわせて、住まいサーフィン上でも公開する。住まいサーフィン上ではレポートとともに、旬の狙い目物件も紹介。マンション購入のアドバイスとする。

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト櫻井幸雄の経歴

1954年生まれ。1984年から週刊住宅情報の記者となり、99年に「誠実な家を買え」を大村書店から出版。
以後、「マンション管理基本の基本」(宝島社新書)、「妻と夫のマンション学」(週刊住宅新聞社)、「儲かるリフォーム」(小学館)などを出版。
最新刊は「知らなきゃ損する!21世紀マンションの新常識」(講談社刊)。
テレビ朝日「スーパーモーニング」の人気コーナー「不公平公務員宿舎シリーズ」で住宅鑑定人としてレギュラー出演するほか、「毎日新聞」で、住宅コラムを連載中。「週刊ダイヤモンド」「週刊文春」でも定期的に住宅記事を執筆している。
◇オフィシャルサイト: http://www.sakurai-yukio.com