2019年夏から秋 櫻井幸雄が探した狙い目マンション 2019年春から夏 櫻井幸雄が探した狙い目マンション

2019年の夏から秋にかけて購入可能なマンションのなかから、狙い目と評価される物件を私の視点からピックアップした。

シティタワー恵比寿

住友不動産

 シティタワー恵比寿は、今年3月に竣工。建物内にモデルルームが設置され、実際の建物と実際の眺望、日当たりなどを確認して購入を検討できるマンションだ。

 超高層マンションにとって、「どんな眺望を楽しめるか」は、購入時に検討したい重要ポイント。しかし、実際には、購入者以外は眺望を確認することができないケースが多い。その点、「シティタワー恵比寿」は、購入を決める前に眺望を確認することができる、希少な物件となっている。

 同マンションの販売が始まったのは、2017年。都心部では新築物件が減り、特に山手線内側では総戸数が200戸を超えるような大規模マンションが姿を消した。山手線内側で唯一の大規模タワーといえるマンションが「シティタワー恵比寿」だった。

 じつは「都心で唯一の大規模タワー」という性格は今も変わっておらず、目立つ存在であることに変わりはない。しかし、価格は、飛び抜けて高額というわけでもない。

 「シティタワー恵比寿」で現在購入可能な住戸は、上層階に配置される約150㎡のプレミア住戸で約6億円だ。1LDKは8300万円台から。15階の約75㎡・広めの2LDKならば約1億7000万円、約60㎡の2LDKは約1億2000万円など。現在、都心部で分譲されているマンションのなかでは割安とさえ思える。

 そして、立地の魅力も多い。

 建設地は、JR山手線恵比寿駅の東口側。恵比寿駅東口から徒歩7分で、山手線の内側に位置する場所だ。駅から徒歩7分だが、周囲には店舗が多い。食料品店、酒屋、花屋などの個人商店が多く、飲食店も豊富。そのなかには隠れ家的有名店もある。

 「シティタワー恵比寿」の建設地は、交通量の多い通りから一歩奥に入った場所で、こちらも隠れ家的な立地条件となる。

 そして、周辺には、渋谷や麻布、広尾、中目黒、代官山があり、それらの街に散歩感覚で出かけられる……そんな立地特性が評価されて、各種の「住みたい街ランキング」で恵比寿が1位になっているのだろう。

 その恵比寿に立地し、地上23階建て全310戸の超高層大規模マンションなのだが、エントランスは控えめ。エントランスホールも2層吹き抜けとかお城のような大空間ではない。ちょっとだけ天井が高く、広めのスペースだ。コンシェルジュカウンターがあり、上品なインテリアでまとめられている。シックで落ち着いた趣である。

 住戸内の質も高く、玄関からLDに向かう廊下とトイレ、洗面所の床は天然石張り。キッチンにはディスポーザーと食器洗い乾燥機が標準設置されるのだが、プレミア住戸の食器洗い乾燥機はドイツ・ミーレ社の大型サイズだ。システムキッチンと洗面台のカウンターは天然石。そして、LDには天井埋め込み型カセットエアコンが付き、一部住戸の寝室にも天井埋め込み型カセットエアコンが付く。

 都心マンションでは1億円台でも、住戸内はスタンダードレベルの住戸が増えてきた。これに対し、「シティタワー恵比寿」は、価格に見合う質の高さを備えていた。これは、建物を見学して強く感じた印象である。

 「シティタワー恵比寿」は地上23階建てであるため、超高層マンションとしては特に背が高い建物ではない。が、建設地周辺には14階建て程度の建物が多いため、上層階は都心各方向への眺望が開ける住戸が多くなる。その眺望を満喫するため、同マンションの住戸は窓が大きい。リビングにコーナーサッシを備える住戸もある。

 23階建ての「シティタワー恵比寿」は、眺望のよさを特徴とするマンションでもあった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

住まいサーフィンレポートとは?

実際に販売センターを見て回り、マンションの「今」情報を提供
年間200件以上のマンション、建売住宅を見て回る住宅ジャーナリスト櫻井幸雄。実際に歩き、目で見て、耳で聞き集めた情報には、数字の解析だけでは分からない「生々しさ」があふれている。
この新鮮情報を「住まいサーフィン・レポート」としてまとめて主要マスコミに配布。あわせて、住まいサーフィン上でも公開する。住まいサーフィン上ではレポートとともに、旬の狙い目物件も紹介。マンション購入のアドバイスとする。

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト櫻井幸雄の経歴

1954年生まれ。1984年から週刊住宅情報の記者となり、99年に「誠実な家を買え」を大村書店から出版。
以後、「マンション管理基本の基本」(宝島社新書)、「妻と夫のマンション学」(週刊住宅新聞社)、「儲かるリフォーム」(小学館)などを出版。
最新刊は「知らなきゃ損する!21世紀マンションの新常識」(講談社刊)。
テレビ朝日「スーパーモーニング」の人気コーナー「不公平公務員宿舎シリーズ」で住宅鑑定人としてレギュラー出演するほか、「毎日新聞」で、住宅コラムを連載中。「週刊ダイヤモンド」「週刊文春」でも定期的に住宅記事を執筆している。
◇オフィシャルサイト: http://www.sakurai-yukio.com