2019年夏から秋 櫻井幸雄が探した狙い目マンション 2019年春から夏 櫻井幸雄が探した狙い目マンション

2019年の夏から秋にかけて購入可能なマンションのなかから、狙い目と評価される物件を私の視点からピックアップした。

シティタワー銀座東

住友不動産

 住友不動産の「シティタワー銀座東」は、この春建物が完成。6月から真新しい建物内を見学できるようになった、出来たての「完成済み新築マンション」だ。

 だから、実際の建物と眺望、日当たりなどを確認して購入を検討することができる。加えて注目したいのは、「SOHO」タイプがあることだ。

 SOHOとは、スモールオフィス・ホームオフィスを略したもので、小さな仕事場兼住居のこと。デザイナーやコンサルタントなど一人で仕事をする人のため、便利な都心部に設けられる新しい住居タイプである。

 「シティタワー銀座東」のSOHOタイプは約34㎡〜44㎡の広さがあり、浴室とキッチンも備えられ、2人での生活も十分に可能。子育てだってできそうだ。そして、価格が4529万4000円から、という点に注目する人も多いだろう。

 SOHO住戸には専用のエントランスが設けられ、入り口近くに来客とのミーティングルームが2つ設けられているのも特徴。仕事の打ち合わせをするとき、居住スペースに来客を入れずに済むわけだ。SOHOの使い勝手が高められている。

 といっても、SOHOとはどんなものか想像できない人もいるだろう。そんな馴染みの薄いSOHOタイプを実地に見て検討できるのも、建物が完成しているからこそだろう。

 「シティタワー銀座東」の建設地は中央区の内陸側で、銀座から約1.3㎞、東京駅から約1.4㎞。東京メトロ日比谷線とJR京葉線を利用できる八丁堀駅から徒歩5分ほか、複数路線が利用できる便利な場所だ。

 銀座や東京駅、日本橋に近く、3箇所すべてに歩いて行けるのも注目すべき立地特性となる。たとえば、地下鉄「銀座一丁目」駅へは徒歩15分だ。東京駅八重洲口へは約1.4㎞の距離で歩けば20分。地下鉄の「日本橋」駅は約1.2㎞で徒歩18分となる。これなら、通勤も買い物も自転車で、という人も居るだろう。自転車で都心の生活を満喫できるとは、なんともうらやましい立地である。

 加えて、湾岸の晴海や有明、豊洲も生活圏にできる立地であるため、2020年東京五輪を身近に感じることができる。

 土地区画整理事業で新しく生まれ変わる街区に位置し、建物の周囲には緑が豊富。潤いある住環境も、建物が完成しているので、実地に確認することができる。

 そして、同マンションは共働きにもうれしい夜10時まで営業のスーパーマーケットに隣接しているのも特徴だ。夜10時までなので、深夜に買い物客の車が頻繁に出入りすることもない。便利さと静かさを両立する立地条件といえる。

 通学校となる中央区立中央小学校まで徒歩1分となる。この小学校は2012年に建て替えられたばかりで、可動床採用の温水プールや開閉ドーム屋根付きの屋上校庭など最新施設を備え、日本国内でも最先端の小学校といえる。

 「シティタワー銀座東」は建物の特徴も多い。

 地上22階建て、全492戸の大規模免震構造マンションで、外観は重厚。眺望の開ける住戸が多く、14階程度でも都心の夜景を満喫できる。また、低層階には向かいの建物の緑が目の前に広がる住戸もある。このように意外な眺望のよさは、建物が完成しなければわからない。

 ホテルのような内廊下方式を採用し、各フロアにゴミ置き場が設けられて24時間ゴミ出しOK。住戸内設備では、ディスポーザー(生ゴミ粉砕処理機)や食器洗い乾燥機を標準設置し、システムキッチンには天然石カウンター、そして浴室のミストサウナも標準設置となる。

 「シティタワー銀座東」は、意外な長所をいくつも備えたマンションだった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

住まいサーフィンレポートとは?

実際に販売センターを見て回り、マンションの「今」情報を提供
年間200件以上のマンション、建売住宅を見て回る住宅ジャーナリスト櫻井幸雄。実際に歩き、目で見て、耳で聞き集めた情報には、数字の解析だけでは分からない「生々しさ」があふれている。
この新鮮情報を「住まいサーフィン・レポート」としてまとめて主要マスコミに配布。あわせて、住まいサーフィン上でも公開する。住まいサーフィン上ではレポートとともに、旬の狙い目物件も紹介。マンション購入のアドバイスとする。

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト櫻井幸雄の経歴

1954年生まれ。1984年から週刊住宅情報の記者となり、99年に「誠実な家を買え」を大村書店から出版。
以後、「マンション管理基本の基本」(宝島社新書)、「妻と夫のマンション学」(週刊住宅新聞社)、「儲かるリフォーム」(小学館)などを出版。
最新刊は「知らなきゃ損する!21世紀マンションの新常識」(講談社刊)。
テレビ朝日「スーパーモーニング」の人気コーナー「不公平公務員宿舎シリーズ」で住宅鑑定人としてレギュラー出演するほか、「毎日新聞」で、住宅コラムを連載中。「週刊ダイヤモンド」「週刊文春」でも定期的に住宅記事を執筆している。
◇オフィシャルサイト: http://www.sakurai-yukio.com