2019年夏から秋 櫻井幸雄が探した狙い目マンション 2019年春から夏 櫻井幸雄が探した狙い目マンション

2019年の夏から秋にかけて購入可能なマンションのなかから、狙い目と評価される物件を私の視点からピックアップした。

ザ・パークハウス国分寺四季の森

三菱地所レジデンス

 建設地はJR中央線の特快停車駅・国分寺駅から徒歩13分というから、駅近とはいえない。が、そのおかげで、先着順で販売されている3LDKが4398万円から。5000万円前後で購入できる3LDKが多く、現実的に購入しやすい。建物が完成し、即入居可なので9月30日までの入居で消費税率は8%適用となる。

 国分寺駅まで徒歩13分といっても、マンションから居住者専用シャトルバスが出ており、それに乗れば国分寺駅まで約4分の所要時間。朝7時台と8時台は一時間に8本のシャトルバスが出ているので、使い勝手がよい。夏の暑い日や雨の日、寒い日は駅から徒歩5分程度のマンションより快適だろう。

 シャトルバスの利用料は1回50円(チケット購入)となるが、会社によっては通勤定期代に算入できる。

 さらに、JR中央線の西国分寺駅はマンションから徒歩10分でもあるため、健康のためにときどきは歩こうという気にもなれる。

 そのように考えてゆくと、これもありだな、と思えるマンションが「ザ・パークハウス国分寺四季の森」だ。

 シャトルバスで約4分の国分寺駅からは、JR中央線の中央特快で新宿駅まで3駅19分(通勤時26分)の所要時間。帰宅時の終電が遅くまであるため、通勤の使い勝手がよい。この長所があるため、JR中央線は首都圏でも有数の人気路線になり、沿線の新築分譲マンションは価格が上がってしまった。

 なかでも、国分寺駅周辺は大規模複合開発が進んでいることから、街の魅力が上がり、新築分譲マンション価格が大幅に上昇してしまった。

 価格が高くなったため、駅の近くで専有面積の広い住戸を購入しようとすれば、1億円を超えるケースも生じている。しかし、「ザ・パークハウス国分寺四季の森」では、角住戸タイプで90㎡を超える4LDKでも6000万円台、7000万円台の設定。80㎡を超えるゆったりした3LDKタイプ住戸も用意されている。

 JR中央線の西国分寺駅、国分寺駅からそれぞれ徒歩10分、13分のおかげで実現するゆとりある広さの住戸と静かな住環境、抑えられた価格が「ザ・パークハウス国分寺四季の森」の注目すべき長所だ。この長所に惹かれる人は、決して少なくないだろう。

 「ザ・パークハウス国分寺四季の森」は、全494戸の大規模マンションとなり、そのスケールメリットで、共用の庭や、エントランスホール・ラウンジ、コミュニティラウンジ、キッズスペース、ライブラリー、ゲストルームなど共用施設が充実する。

 住戸内では、キッチンのディスポーザー(生ゴミ粉砕処理機)や浴室のミストサウナ、などひとクラス上の設備機器を標準設置。南向き中心となる住戸は、バルコニー側の柱を住戸外に出すことで室内の有効面積を拡大し、ウォークインクローゼットや納戸、布団クローゼットなど収納スペースが充実する。

 すでに建物が完成しているため、実際の建物内で日当たりや眺望、そして静かを確認することができる。これは、確実性を重視したマンション購入ができることを意味する。

 下層階と上層階、3LDKと4LDK……いくつもの住戸を見て、最も好ましい住戸を選ぶ。そんな買い方ができるのは、初めてマンションを買う人にとっては何よりありがたいはずだ。

 「ザ・パークハウス国分寺四季の森」は、消費税8%のデッドラインが迫った今こそ、一度みておきたいマンションといえる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

住まいサーフィンレポートとは?

実際に販売センターを見て回り、マンションの「今」情報を提供
年間200件以上のマンション、建売住宅を見て回る住宅ジャーナリスト櫻井幸雄。実際に歩き、目で見て、耳で聞き集めた情報には、数字の解析だけでは分からない「生々しさ」があふれている。
この新鮮情報を「住まいサーフィン・レポート」としてまとめて主要マスコミに配布。あわせて、住まいサーフィン上でも公開する。住まいサーフィン上ではレポートとともに、旬の狙い目物件も紹介。マンション購入のアドバイスとする。

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト櫻井幸雄の経歴

1954年生まれ。1984年から週刊住宅情報の記者となり、99年に「誠実な家を買え」を大村書店から出版。
以後、「マンション管理基本の基本」(宝島社新書)、「妻と夫のマンション学」(週刊住宅新聞社)、「儲かるリフォーム」(小学館)などを出版。
最新刊は「知らなきゃ損する!21世紀マンションの新常識」(講談社刊)。
テレビ朝日「スーパーモーニング」の人気コーナー「不公平公務員宿舎シリーズ」で住宅鑑定人としてレギュラー出演するほか、「毎日新聞」で、住宅コラムを連載中。「週刊ダイヤモンド」「週刊文春」でも定期的に住宅記事を執筆している。
◇オフィシャルサイト: http://www.sakurai-yukio.com