2019年夏から秋 櫻井幸雄が探した狙い目マンション 2019年春から夏 櫻井幸雄が探した狙い目マンション

2019年の夏から秋にかけて購入可能なマンションのなかから、狙い目と評価される物件を私の視点からピックアップした。

プレディア横浜三ツ沢

JR西日本プロパティーズ

 各種の住みたい街ランキングで上位にランキングされることが多くなったのが、神奈川県の横浜駅周辺。該当エリアは横浜駅からだいたい半径2㎞以内を指し、西区を中心に中区、神奈川区、保土ケ谷区の一部が当てはまる。商業施設、ビジネスゾーンが多く、住めば便利だし、楽しい。華やかな場所でもある。

 その横浜駅周辺では再開発が進み、街の魅力がこれからも増すことが予想されている。その分、横浜駅から約2㎞圏では新築マンション価格が上昇。3LDKが6000万円、7000万円台の水準となり、5000万円台の3LDKを探すのも苦労するようになった。

 そのなか、横浜駅から2.1㎞圏に位置しながら、3LDK(65㎡)の角住戸で3900万円台からという予定価格となっているのが、「プレディア横浜三ツ沢」だ。

 その建設地は、横浜市営地下鉄三ツ沢上町駅から徒歩4分。横浜駅からのバス路線も利用しやすく、マンションから徒歩1分のバス停まで約9分の所要時間となる。横浜駅では地下街にスーパーマーケットや生鮮食料品店があるため、帰宅途中で買い物をしてくる生活スタイルもよさそうだ。

 一方、建設地に行くと、敷地の北側が国道1号線であることが分かる。

 「プレディア横浜三ツ沢」は、建物が完成してから販売を開始。実際の建物内で、日当たりや眺望などを自ら確認して購入を検討できるようになっている。建物の完成が5月31日で販売開始は、この8月から。そして、引き渡しは9月末予定なので、9月30日までに入居すれば、消費税は8%適用となる。

 納得要素が多いマンションなのだ。

 完成した建物を見ると、外観はホワイト系とベージュ系のタイル張り部分が多く、バルコニーの手すりはガラス張り。道路に面して目立つ面はもちろん、共用廊下側で目立たない面も律儀にタイルが張ってある。これは、まじめなものづくりの姿勢を示している。

 建物内に入ると、天井の高さが3mを大きく超える開放的なエントランスホールがあり、プライベート感が高い内廊下方式(一部除く)になっていることにも驚かされる。ちなみに、建物内では、まったくと言っていいほど車の音は気にならなかった。ハイブリッド車や電気自動車が増えた現在、排気ガスの臭いは道路脇に立っていても感じられない。

 「プレディア横浜三ツ沢」では、すべての住戸が見学可能だ。国道1号線とは反対側に位置する南向き住戸では、バルコニーに出ても、車の音は小さく聞こえる程度。それ以上に、開放的な眺望が魅力的だと感じられた。この見晴らしのよさは、実際の建物ができあがらないと分からなかっただろう。

 住戸は、約57㎡〜65㎡の2LDK(一部1LDK+S)タイプと3LDKタイプで構成。柱の四隅を極力外に出す設計で、室内の有効面積を拡大。専有面積の数字以上に広い印象を受ける。そして、大型ウォークインクローゼットが付くなど、収納スペースも十分だ。キッチンには天然御影石のカウンターと食器洗い乾燥機を標準設置。トイレにはローシルエットトイレを採用し、便器とは別に手洗いカウンターが設置される。

 24時間ゴミ出しOKで、生活しやすいマンションになっている。そして、建物1階に全戸分のトランクルームが付き、そのフロアには冷暖房が備えられていた。快適だし、明るいムードのトランクルームと評価された。

 建設地は地盤が固く、杭を打つ必要がなく、直接基礎を採用。地震にも強いマンションに仕上げられている。全51戸と目立つ物件ではないが、価格を含め、見て損のないマンションと評価される。

このエントリーをはてなブックマークに追加

住まいサーフィンレポートとは?

実際に販売センターを見て回り、マンションの「今」情報を提供
年間200件以上のマンション、建売住宅を見て回る住宅ジャーナリスト櫻井幸雄。実際に歩き、目で見て、耳で聞き集めた情報には、数字の解析だけでは分からない「生々しさ」があふれている。
この新鮮情報を「住まいサーフィン・レポート」としてまとめて主要マスコミに配布。あわせて、住まいサーフィン上でも公開する。住まいサーフィン上ではレポートとともに、旬の狙い目物件も紹介。マンション購入のアドバイスとする。

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト櫻井幸雄の経歴

1954年生まれ。1984年から週刊住宅情報の記者となり、99年に「誠実な家を買え」を大村書店から出版。
以後、「マンション管理基本の基本」(宝島社新書)、「妻と夫のマンション学」(週刊住宅新聞社)、「儲かるリフォーム」(小学館)などを出版。
最新刊は「知らなきゃ損する!21世紀マンションの新常識」(講談社刊)。
テレビ朝日「スーパーモーニング」の人気コーナー「不公平公務員宿舎シリーズ」で住宅鑑定人としてレギュラー出演するほか、「毎日新聞」で、住宅コラムを連載中。「週刊ダイヤモンド」「週刊文春」でも定期的に住宅記事を執筆している。
◇オフィシャルサイト: http://www.sakurai-yukio.com