分譲マンション人気ランキングトップ10

このエントリーをはてなブックマークに追加
分譲マンション人気ランキングトップ10

2020年7月 人気マンションランキングTOP10

2020年7月に住まいサーフィンでアクセス数の多かった分譲マンションを公表する。

順位
マンション名
所在行政区
総戸数
分譲開始
年月
周辺
相場
資料
請求
モデルルーム予約
1位
東京都江東区
1152
2019年10月
2位
東京都港区
93
2019年10月
3位
東京都三鷹市
678
2018年10月
4位
東京都新宿区
81
2020年11月
5位
東京都江東区
1539
2017年4月
6位
東京都港区
1247
2019年11月
7位
東京都品川区
687
2017年3月
8位
東京都新宿区
228
2020年5月
9位
東京都豊島区
454
2020年8月
10位

トップ2は、東急不動産のマンションブランド「ブランズ」から!

7月の1位は、2か月連続で「ブランズタワー豊洲」となった。また、2020年5月以降に分譲を開始した新しいマンションが3つランクインし、変化を感じるランキングとなった。

トップの「ブランズタワー豊洲」は、住まいサーフィンのユーザー評価で、総合評価の平均が82.3点というハイスコアをマークしている。最も良い点として挙げられているのは、立地と住環境である。東京メトロ有楽町線「豊洲」から徒歩4分という最高の立地。そして環境面では、湾岸特有の水辺の解放感と緑豊かな環境、加えて眺望の良さが高評価だった。また、自然を感じる快適な環境でテレワークができ、今後オフィス勤務が復活しても通勤に便利なエリアである、という意見もあった。

反対に、室内仕様の一部には不満の声もある。特に、天井高は265㎝と充分な高さがあるものの天井高210㎝の下がり天井が目立つこと。また、バルコニーのガラスが不透明な乳白色であるため眺望が見えないことやバルコニーでの物干し禁止などがマイナス点として挙がった。ただ、周辺には大型ショッピングセンターやスーパー、学校などがあり、マイナス面を考慮しても余りある立地条件の良さから、総合評価は80点を超える高得点となった。

2位は、同じ東急不動産のマンションブランド、ブランズから「ブランズ愛宕虎ノ門」がランクインした。「ブランズ愛宕虎ノ門」は、東京メトロ日比谷線「神谷町」から徒歩2分の普通借地権物件。こちらも住まいサーフィンのユーザー評価では、総合評価の平均が78.9点と高得点をマークしている。

「ブランズ神楽坂」など新たに3物件がランクイン!

7月新たにランクインしたのは、4位の「ブランズ神楽坂」、9位の「ブリリアシティ西早稲田」、そして10位の「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」だ。

注目は、10位の「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」である。東京メトロ有楽町線「東池袋」直結の複合再開発タワーマンションで、JR池袋駅までは徒歩10分。36階建て、全248戸で、1LDK(44.3m2)~3LDK(130.06m2)までの部屋が用意されている。売主は野村不動産、施工は前田建設が請け負う。再開発地区の駅直結マンションということから注目度が上がっている。

2020年7月のまとめ

7月は、3物件が新たにランクインし、東急不動産のブランズが上位を席巻した。足元では、コロナ禍で常態化したテレワークから、部屋の広さを求め、郊外のマンションや戸建てを探る動きも出てきた。一方都心では、駅近・大規模マンションの人気が依然として強い。コロナ後を見据えた購入希望者たちの動きは今後活発になりそうだ。