分譲マンション人気ランキングトップ10

このエントリーをはてなブックマークに追加
分譲マンション人気ランキングトップ10

2020年9月 人気マンションランキングTOP10

2020年9月に住まいサーフィンでアクセス数の多かった分譲マンションを公表する。

順位
マンション名
所在行政区
総戸数
分譲開始
年月
周辺
相場
資料
請求
モデルルーム予約
1位
東京都江東区
1152
2019年10月
2位
東京都豊島区
454
2020年8月
3位
東京都中央区
129
2021年3月
4位
東京都三鷹市
678
2018年10月
5位
東京都港区
1247
2019年11月
6位
東京都港区
93
2019年10月
7位
8位
東京都中央区
2786
2020年9月
9位
東京都江東区
1539
2017年4月
10位
東京都新宿区
228
2020年5月

再開発物件「(仮称)日本橋本町四丁目13計画」が初登場で3位に!

新型コロナの影響で、この夏までモデルルームを一時閉鎖していたディベロッパーも9月に入りそのほとんどが通常通りの営業に戻った。購入希望者たちの動きも活発になり、前月に比べ各物件の閲覧数も全般的にアップした。

そんな中、注目はランク外からいきなり3位となった「(仮称)日本橋本町四丁目13計画」である。東京メトロ日比谷線「小伝馬町」から徒歩3分、東京メトロ銀座線、半蔵門線「三越前」から徒歩9分にある、14階建て全129戸の再開発プロジェクトだ。

日本橋、大手町地区は、現在大規模な再開発が続く注目のエリア。「(仮称)日本橋本町四丁目13計画」は、大手町や東京など都心の主要駅が5分圏内にあり、職場が徒歩圏になる可能性もある。また、日本橋三越や日本橋高島屋などのショッピングスポットも徒歩圏内という立地だけに、注目度は非常に高い。

一方、大通りから一本奥まった場所にあるため、ビジネス・商業エリアとしては比較的静かな住環境と言える。間取りは、56.93m2~91.19m2の2LDK~3LDK。2021年3月の分譲開始を予定している。売主は、三井不動産レジデンシャル、日本土地建物株式会社、施工は佐藤工業株式会社となっている。

人気急上昇中の「ブリリアシティ西早稲田」

もうひとつの注目物件は、「ブリリアシティ西早稲田」だ。JR山手線「高田馬場」から徒歩14分とやや距離はあるものの、緑豊かな文教地区に位置し、山手線内側という希少な立地。全454戸の一般定期借地権付きマンションで、特徴は専有面積の広さである。71.49m2~97.3m2の3LDK~4LDKとなっており、都心ではめずらしい広めのファミリータイプとなっている。

また、5駅5路線が利用可能で、東京メトロ東西線を利用すれば、大手町まで直通で10分、JR山手線を利用すると、新宿まで4分、渋谷まで11分と交通利便性が極めて高い。一般定期借地権ならではの魅力的な価格と「職住近接」が実現するマンションとして注目を集めている。

2020年9月のまとめ

9月は順位の変動はあったものの、ランクインした物件に大きな変化はなかった。購入希望者たちのマンション探しも徐々に通年通りの落ち着きを取り戻しているようだ。今月人気を集めたのは、王道の都心タワーマンションだった。トップの「ブランズタワー豊洲」を筆頭に、5位の「SHIROKANE The SKY」、7、8、9位にランクインした「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」「パークタワー勝どきミッド/サウス」「シティタワーズ東京ベイ」と続く。テレワーク用のワークスペースを求めて郊外のマンションや戸建てニーズが高まる一方、駅近タワーマンション人気は依然として堅調だ。